両刃カミソリを道具として使いこなす愉しみ~おすすめ両刃節約生活 

2019年6月20日

一生続く毎朝の儀式、髭剃りを楽しんでいますか?

男は道具にこだわる生き物ですよね。

ランディーは髭剃り両刃カミソリ派。

替刃が安いのでコストパフォーマンスに優れています。長期的にみるとかなりお金も節約できます。浮いたお金であなたは何を楽しみますか?

次々とコメント頂きありがとうございます!

嬉しいです。是非最後までお読み下さい!男性なら損はないかと自負しております。

ジレットやシックの巧妙で卑怯な販売戦略

ジレット・シック剃刀

カミソリホルダーが安く替刃がバカ高い

プラスチッキーで放っておけばすぐカビが生えるホルダーに装着する替刃がとんでもなく高いです。

そしてすぐ刃の切れ味が鈍くなる。

おまけの刃がついてくるホルダー自体は大した額ではないのでついつい購入してしまう。そしてそのホルダーに合った替刃を買う時に高いと思いつつ仕方なく購入してしまう。

しかし立ち止まって考えてみると、あんなプラスチックに包まれた三枚刃だか5枚刃だかしりませんが、ちゃちな替刃がたった8個入りで2000円越えとかおかしくありませんか?

使い捨て替刃高すぎ

ポケットの中身もすっからかんになってしまいます。

因みにジレット プログライド フレックスボール パワーの替刃ですと8個入りで3000円超えます。替刃一個あたり390円です。

ホルダー本体は1000円を切っていてフレックスボールとハイテクっぽいからと気軽に入手すると替刃の高さで私なら瀕死状態になってしまいます(苦笑)

シックもジレットも次から次へと怒涛の新商品開発

3枚刃4枚刃5枚刃・・切れてないだの長州小力だのプログライドだのフレックスボールだのもううんざりです!

かつては洗濯板から始まり、洗濯機が発明され、今では乾燥機までついている。

このような進化がカミソリや電気シェーバーにあったでしょうか。

洗濯器の国産一合は東芝の前身、芝浦製作所から1930年に出されていますが、約80年前から比べて我々の髭剃り快適度は格段に上がったのでしょうか。

世界シェア7割のジレット社が替刃使い捨てぼったくり商法を始めて
世界を席巻した結果、一生涯続く髭剃りという行為から
法外なお金をかすめ取られるという罠に世界中の男性は
嵌められたのであります! byランディー

そして近年プラスチックはマイクロプラスチックとなり、それが更に小さいマイクロビーズとなって海に流出し深刻な環境問題を引き起こしています。スタバやマックはプラスチックストローをやめるといっています。

我々男性は環境問題も重視してシックやジレットのプラスチックホルダーをやめましょう。

プラスチックホルダーを捨てて両刃ホルダーにしよう!

ミューレカミソリ

寺山修司をぱくったような見出しになりましたが、、、

ホルダー本体が高く替刃が安いのが本来あるべき姿です!

メタルなどで頑丈に作られ、余裕で30年持つようなホルダーがメインで、使い捨てとなる替刃は安い。というのが納得できる製品ではないでしょうか。

というかメタルホルダーは壊れる要素がないですわ。

コンクリートの壁に力いっぱい投げ込んだりしない限り。

両刃カミソリの替刃は↑のようなものですが、この商品は安心の国産、フェザーのもので100枚で3000円ちょいです。

1枚30円ちょっとです。圧倒的コストパフォーマンスです。

1年以上余裕で持ちます。

上のフェザーの替刃は1枚あたりのコストが最安値なのでよく欠品しています。

次に安いのは1枚あたり39円のアメリカ製のペルソナです。

肌へのあたりはソフトで剃刀負けする敏感肌の方には
適しています。

このように両刃剃刀の替え刃は1枚40円から高いものでも100円位です。一方ジレットやシックの使い捨て剃刀の場合は替刃一個250円以上します。

両刃剃刀の替刃は100枚4000円。

使い捨ての替刃は100枚25000円。

恐ろしい差だと思いませんか?

替刃の交換時期を共に1週間と仮定すると100枚はおよそ2年分になります。つまり年間で約1万円以上も差がついてしまいます。

ですから多少値が張ってもアダルトでムーディーな洒落た両刃ホルダーを買えば替刃が安いので元がたったの1年でとれてしまいます。

その後は毎年ジレットやシックの商品を使うより1万円以上お得な髭剃りライフに突入することになります。

この低金利時代、利子で1万円以上稼ぐのがどれほど大変か・・・

【最も安いシャークの替刃がアマゾンで復活していました!】

これは100枚で1490円。一枚15円で激安ながらあたりがソフトで
切れすぎないので大好きなのですが、しょっちゅう欠品しており紹介できなかったのです。しかし今見てみると復活していました。

↑の画像が表示されていなかったらまた欠品ということです。

この替刃は素晴らしいです(肌の個人差はありので私にとってはです)。

両刃カミソリで髭剃り前の最強洗顔ブラシ

両刃カミソリは慣れないと切れすぎるので血だらけになることは避けられません。

両刃カミソリの使い方テクニックは後述しますが、髭剃り前に一番重要なことは徹底した洗顔をすることです。

顔面の皮脂を充分にとってからヒゲを剃るとひっかかりのない滑らかなシェービングができます。

このLUNA2という洗顔ブラシは音波振動を使って毛穴の汚れまでしっかり除去してくれます。

完全防水なので風呂場でも洗顔できます。そのままの流れで風呂場でシェービングできれば快適です。

バッテリーは超長持ちで半年充電なしで余裕であります。

Foreo 日本公式サイト

公式サイトの右下の方にLUNA2for menの入り口があります。

髭剃りが快適になること、そして顔面の皮脂が綺麗にとれて男前になること請け合いです!

両刃カミソリの替刃を研いで寿命をもっとのばせる!

↑の商品で替刃を研いでやると1800人のアンケートの結果替刃の寿命が5倍になったという平均値があります。

この商品は世界中のどのタイプの替刃にも有効なんだそうで50カ国で販売されています。

デンマークの会社が替刃の使い捨て問題に注目し寿命を長くしてゴミを減らすという高邁な目的で開発したようです。

両刃カミソリとこの製品のコラボでとんでもなく金銭的にも節約できるということでめでたしであります。

ドイツ・ミューレ社のスターターキットがおススメ両刃カミソリ

両刃カミソリの老舗、ミューレ社のものです。

シェービングブラシとスタンドが付いたゴージャスなものです。シェービングブラシは安い物を買ってはいけません。

すぐに傷んでダメになりますし、泡立ちがよくありません。

後ほどブラシも紹介いたします。

ドイツ・メルクール社の両刃カミソリもおススメ

こちらもドイツ製でミューレ社と肩を並べるメルクール社。

デザイン的にはミューレ社の方が洗練されており、日本に入っている商品の品ぞろえもミューレ社に軍配が上がります。

メルクール社は質実剛健といったところでしょうか。

ランディーの両刃ホルダーはこのメルクール。私はいつもデザインから入る男なので本当ならミューレ社のものを購入しているはずなのですが、購入当時ミューレ社を知りませんでした。

2年以上このホルダーを使っていますが、さびたりかびたり一切しませんし壊れそうな気が全くしません。

私は風呂場でゆっくりじっくり髭を剃るのですが、何回も床に落っことしていますがびくともしません。逆に床に傷が付かないか心配なほどです。

日本製の両刃カミソリも健闘している

ニッキークラシックダブル両刃カミソリホルダー。

価格5000円。
日本利器工業。岐阜県刃物の関市にある会社。ドイツの製品ばかり紹介してお前は売国奴かとののしられそうでランディーびくびくしております。

私が両刃カミソリのことを知った数年前にこの商品を知っていたならばそりゃあこちらの商品を買いましたとも!でも壊れないのでおかわり買えないのです!

ついでに日本製の最高峰を紹介しておきますと、

フェザー 特撰 両刃オールステンレスレザーN

25000円越えでお値段も最高峰となっております。

19レビュー中17個が五つ星です。

レビューを見ると欲しくてたまらなくなるので剃刀に25000円も出したくないかたは見ないほうがよいです。

このオールステンレザーは国産とはいえ、数年前にこの商品を知っていてもお値段的に手が届かなかったと思います。

一応言っておきますけどぉー、今なら届くんだからね!

見栄を張って嘘をつくものだからきょどってツンデレ言葉になってしまいました。お恥ずかしい・・・今も届きません。

両刃カミソリを使いこなすにはちょっとしたコツが必要です。

基本構造は棒切れの先にフラットな刃がついているといえます。

ヘッド部分が曲がるわけでもありません。

両サイドが刃になっている意味は、片面が目詰まりしたら洗い流さず、使っていない反対側を使えるということです。

動画でコツを見てみましょう。
替刃の差し込み方等見ればすぐわかります。

蒸しタオルを30秒ほど顔面に当てておくことで驚くほどスムーズに剃れます。床屋さんと一緒ですね。

クレンジング剤で洗顔すると古い角質が取れると同時に髭を立たせます。

洗顔後はよくタオルで顔を拭き、シェービングブラシでクリームを塗っていきます。濡れたブラシに適量クリームをつけ30秒ほど顔面で泡立てます。

初心者はよく間違えてしまうのですが、泡立ったクリームをブラシにつけるのではなく、顔面にブラシを擦りつけながら泡立たせます。

これは慣れてくれば感覚的にできるのですが、この動画では刃の角度を皮膚と30度くらいに保ち、なるべく短いストロークで剃っていくように言っています。

手に力を入れて剃るのではなく、ホルダーの重みを利用してソフトにそるのがこつです。

このコツがいる道具を使いこなせるようになる感覚が
男の本能に火をともします。単純に楽しいのです。

鼻の下は剛毛となっているのでよりクリームを馴染ませるため最後に剃ります。

アフターシェーブローションを塗って完成です。

ポーチュガル アフターシェーブローション圧倒的支持

この洗練されたボトルのデザインにうっとりですが、10年以上使い続けている先輩もおられます。

人工的な不快な香りではなく天然由来のほのかなシトラスの香り。嫌味なく大人を演出できます。

両刃カミソリは良く切れヒリヒリ感が初心者の方には気になるかもしれません。配合されているヒマシ油があなたの肌をしっとり優しく包み込みます。女性誌の広告文みたいな文章ですみません。

シェービングブラシは安物を買うと必ず後悔する

いかにクリーミーできめの細かい泡をたてるかはシェービングブラシにかかっています。

豚毛の安いシェービングブラシを買うと後悔することになります。

肌触りも泡立ちも悪く、毛もすぐ開き使い物にならいことに。そうです。経験済みの失敗談でございます。

アナグマのシェービングブラシが最高級

アナグマシェービングブラシ

なんとも愛くるしいですね。アナグマはイタチ科の動物。

古くから筆や絨毯などに使われてきました。

ランディーが使用している物は様々なブラシが充実しているドイツのREDECKER社のこれです。

取っ手がサーモウッド製法というもので耐水性があり、腐りにくいそうです。ランディーはこのブラシを洗面所ではなく風呂場に2年以上置きっぱなしにしていますが、なんの問題もありません。

カミソリは切れ味が悪くなるので風呂場では保存しないほうがよいです。

本当は↑が欲しかったのですが、1万円近くするので懐具合が悪く断念しました。

高級感が半端なくかっこいいサニタリールームにはきっと映えまくります。うらやましい。

国産のシェービングブラシですとアナグマ毛ではありませんがこちらがよさそうです。

国産の化粧ブラシ熊野筆という選択

親愛なる読者様から情報を頂戴しました。

熊野と聞くと熊野古道しか思いつかない無学なランディーですが、この熊野筆は広島県の安芸郡熊野町で生産されている有名な筆なのだそうです。またひとつおりこうさんになれました。

通りすがり様ありがとうございました。

化粧ブラシとして女性にはよく知られている存在なのでしょうか。

シェービングブラシもでています。

アナグマではなく山羊の毛ですが、安心のメイドインジャパン。

なるべくお金は国内地場産業に落としたいものです。地方創生に貢献したいです!

西日本豪雨ではこの熊野町も被災してしまいました。

私も少しばかり寄付させて頂きましたが、熊野のシェービングブラシ
を購入することも復興に強力できると思います。

シェービングソープは割とどうでもよい

このような陶器の器に入っている物は使い勝手がいいですね。ミューレ社のソープはかっこいいしよさげですが、いかんせん高いので現在ランディーはドラッグストアで売ってる丸い石鹸を同サイズの丸くて背の低い
湯呑に入れて使用しています。

もの凄く貧乏感がでています。

言い訳させてもらいますと、アナグマの高級ブラシを使用すれば普通の石鹸でも十分泡立ち、髭をそるのに何の不自由もありません。

強いてあげれば見た目がダサイことだけです!

朝のシェービングがばっちり決まると一日も素敵な日になる予感大ですね!本日もあなたにとって良い一日でありますように!

両刃カミソリ簡単カスタマイズ

私の使用しているメルクールの両刃カミソリはダイヤルがついておらず刃が皮膚に当たる角度が調節できません。

ですから喉周辺で剃りにくいところは柄のねじを少し緩めて刃が立つようにして使用していました。

しかしネット世界は刃を2枚重ねて使用しているツワモノがいらっしゃいました。そうやって二枚重ねることで刃の浮き方がシャープになって切れ味がアップするのだそうです。

私は使い古しの両刃の刃の部分を両サイドともハサミでカットして(普通のハサミで簡単に切れます)間に2枚挟んでみました。スペーサーというのだそうです。

すると大変切れ味がよくなり久々喉周辺が血だらけになってしまいました。私の場合1枚追加するので丁度よかったようです。

お好みで2枚、3枚と刃を追加して(間にはさむ物として)試してみるのも面白い試みであると思います。

パーカー91R使い様に教えて頂いたアルムブロックなるもの

アルム石というのミョウバンのことで毛穴を引き締める効果があるということでアフターシェーブによいそうです。

私が真っ先に思いついたのが腋臭に効くデオナチュレのクリスタルストーンでした。

ですが調べてみるとこの製品は髭剃り用ではなく腋用なのでミョウバン濃度が高く、肌が場合によっては黒ずんだりする恐れがあるそうです。

こちらは4000円とお高いですが、髭剃り専用なので安全かもしれません。使っていないので分かりません。すみません。

パーカー91R使い様は何を使っていらっしゃるのかしら。

追記:

この記事が検索エンジンの上のほうにくるようになりました。

これも一重に追記のこの部分まで読んでくださっているあなたのおかげです。有難うございます。

さて、シェービングソープはどうでもよいと書いているのにみなさんミューレの高いの買われていくのですね。ひしひしと貧富の差を感じております。

ランディーは今でも陶器入りシェービングソープを買えず、ドラッグストアの石鹸もなくなってしまったので、最近ではシェービングブラシに直接チューブの洗顔フォームをたらして顔面で泡立てているのですが、旦那聞いておくんなせーよ!

めっちゃ泡立ちよくきれっきれに切れますぜ!(無血)

上記発言は冗談でも大袈裟でもなく真実です。
両刃剃刀をお持ちの方は是非一度お試し下さい。

私はドラッグストアの女性物で安価な洗顔フォームを使用しているのですが、専用のモイストジェルがよいかもしれません。カミソリのフェザーのものです。

ミューレのシェービングソープが高いので自分でレビューできないランディーのたわごとでした。

こんな駄長文を追記まで読んで下さるとはあなたはひょっとすると神様ですか?

ありがとうございます。感謝しきれません。

両刃を卒業したら最後は一枚刃ストレートレザーか

ウエットシェービングに完全に慣れてしまいますと、もう電気シェーバーは必要なくなります。

私も随分前にブラウンのシェーバーを捨てました。

もう後戻りできません。ポイントオブノーリターンです。

ブリジット・フォンダ可愛かったです!

次なる高みといいますか、我々の最後の到達点は一枚刃のストレートレザーではないでしょうか。

2007年の映画スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師の中でもジョニーデップはこういっております。

カミソリこそ我が友

ストレートレザーでもちろん殺人などおかしてはなりませぬ。

切るのは己自身。

両刃カミソリ以上に精神を研ぎ澄まさないと扱えない代物ではないでしょうか。

一部どうしても剃り残してしまう箇所をストレートレザーでやっつけてみたいものです。

フェザープロフェッショナルは入門用でしょうか。6000円弱。

もっと安いストレートレザーもありますが、重さが足りないようです。殺傷能力もある一枚刃ですから、ずっしり重いものを選ばないと
スプラッター悲劇になります。

象牙のストレートレザーのお値段はなんと7万5000円!

ドイツはゾーリンゲンの刃物メーカーDOVO社製。熟練した職人のハンドメイドだそうです。ハサミの方が有名みたいですが。

神読者様から頂いた両刃カミソリコメントに思わず感涙してしまいました。

神読者様

感動して落涙してしまいましたので今回は31歳様から頂いたコメントをコメント欄ではなくこちらに掲載させて頂きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ランディー様

素晴らしい記事ですね。

もう10年以上4・5枚刃のカミソリを使用しながらも日頃から替刃の値段の高さに疑問を抱いていたのですが、ふと両刃カミソリの評判を聞き及びました。

早速購入しようと思ったもののどのメーカーの刃やシェービングソープを
買えばよいのか皆目わからず、適当な文句で検索してみたところこのページに至りました。

まるで暮らしの手帖を読んでいるような気分になり、とても参考になりました。どうもありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
31歳様

心に染み入るお優しいコメントを有難うござます。お役に立てたならば本当に嬉しゅうございます。

>まるで暮らしの手帖を読んでいるようなご気分になられ・・・

こんな素敵な褒め言葉を頂いて感激してしまいました。

文章を書く者としてこのように評価して頂いたことがありませんでこのブログをやっていて本当に良かったと思いました。

この度はわざわざコメントして頂き本当にありがとうございました。

そして10年以上の4・5枚刃生活お疲れ様でした。私も同等で10万円以上損してまいりました。これからはお互い貯金ができますね!

31歳様の益々のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。ありがとうございます!

ランディー

また両刃カミソリの神様が降臨されました。

↓チェビ夫様から頂いたコメントです。

アメリカのヒゲ剃り市場のお話

BLOGOS7月28日の記事「最近アツいアメリカのヒゲ剃り市場」というものがあります。

ジレット、シック、ビックでほぼ独占状態にあるカミソリ市場にDollar Shave ClubとHarry’sという新規メーカーが殴りこみをかけた、という内容です。

記事内でもやはり「客の足元を見たいけ好かない商売」
と三社の替刃の価格をこき下ろしていました。

Dollar Shave ClubとHarry’sは定期購入させることで価格を抑えていす。

定期購入というのは面白い発想ですね。ヒゲは毎日伸びてきますから替刃もどのみち定期的に買わなければならないのですから。

日本にもこの新規二社がやって来て大手メーカーをぎゃふんと言わせてやって欲しいです。

さて、替刃の話を長々としましたがランディー様の記事を拝見し、私も両刃カミソリにトライしてみたくなりました。

私もアラフォーですがいくつになっても男は挑戦することを忘れてはいけませんよね。

たかがヒゲソリではありますが、小さな挑戦を日々続けることで大きなことも達成できるようになる、ということは同年代であるイチローも言っていました。

男として大事なことに気づかせてくださったランディー様に感謝します。

以前の記事ではありますが、31歳様同様、感謝の気持ちを伝えたくコメントさせて頂きました。他の記事もこれからゆっくりと拝見します。

ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チェビ夫さま、この度はコメント大変ありがとうございました。

ブロゴスの記事読ませてもらいました。新しい情報までありがとうございます。

ハリーズの五枚刃はジレットのいわばジェネリックといったところでしょうか。性能同じで安いといった。

大手メーカーや企業も安閑としていられない時代になったことを嬉しく思います。良い物かつ安い商品が支持されるのは自明の理です。

両刃カミソリデビューご検討おめでとうございます。チェビ夫様と私は両刃仲間です!フェザーの両刃ホルダーなら格安ですのでハリーズにも負けません!

そうですよね。いつくつになっても挑戦を諦めたくありませんよね。チェビ夫様も私と同様男の中の男です。お互い励みましょう!

感謝だなんてとんでもございません。

駄長文をお読みいただいてコメントまで下さって感謝するのはこちらです。一杯奢りたいです。

本当にありがとうございました。

ランディー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

両刃カミソリを切れるように簡単に調節する

きたろー様からも嬉しいコメント頂きました!

ランディー様
今年に入り私もカートリッジ代がバカらしくなり、両刃カミソリホルダーを購入。

使いこなせるかわからないので安価なフェザーのポピュラーです。

見事に上手く剃れずに半年放置しましたが、こちらのブログにたどり着き、「刃の固定ネジを少し緩めて刃を立たせる」という一文に驚かされました。

真似してみるとまあ驚くほどよく剃れるではありませんか。

頭の固い私では思いつきませんでした。ありがとうございます。今ではすっかり一枚刃の虜。もう少し練習してからフェザーのオールステンレスを手に入れようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きたろー様
コメントありがとうございます!

私の拙い記事が役立ったようで嬉しい限りです。

髭の生え方は千差万別なので人によっては両刃カミソリだと良く切れない
という方もいらっしゃって当然ですね。

私の場合喉仏周辺の髭が剃り辛いです。

ジレット、シック製品に戻りたくないという反逆精神といいましょうか悪く言えば吝嗇がネジを緩めるという工夫を産んだのでした。

おお!一枚刃の虜!いい響きですねえ。

私は虜というか習慣になってしまってますので、そのように思っていた頃を懐かしんでしまいました。

本日の髭剃りは両刃の良さを噛み締めながらいつもより丁寧に剃ってみたいと思います。

フェザーオールステンいいですね。私のメルクールホルダー、まったく壊れそうにないので替え刃だけ色んなメーカーを試していくことになりそうです。

コメント本当にありがとうございました。きたろー様にいいことたくさんありますように!

ランディー