我々を取り巻く社会, 書評

お仕事大変お疲れ様です。ランディーです。
あればあっただけ嬉しいですし、なければ困る
お金ですが、唸るほどお金があっても幸せとは限りません。

「ニートの歩き方」という本を書いたphaさんから
お金が ...

書評

寒山拾得の画を骨董店の店先で見たランディーだ!
古くから掛け軸のテーマになっているのである。

老人とも童子とも見える二人の男が薄笑いを浮かべている不思議な
絵に寒気が走り、ジョギングついでに森鴎外の寒山拾得 ...

書評

ランディーだ。酔っ払いである。
筆ペンで下手くそな空経を左手に書いてみた。

よっぱらった勢いで小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の耳なし芳一の
話を読んだ。短いので酔っ払いには好都合だ。

酔った脳 ...

書評

黄色という色に何も特別な感情はない。
梶井基次郎の檸檬以外には。

ランディーだ。檸檬を読み直してみた。

19歳で肺結核にかかり、檸檬は24歳の時の作品。
梶井が三高時代の京都が背景にある。