大人のピアノ三周年 中年から始めてもなんとかなる

大人のピアノ


40過ぎてピアノを習い始めてはや3年。

続いているのは一重に若くて美しくて知的で思いやりのある
先生のお蔭だ。

仕事を理由にあまり練習してこないランディーに
「ここで週一回練習するつもりでやればよい」
と仰って頂き、そのお言葉に甘え、進みは悪いながらも
やめずに継続的にここまでこれたことは、飽き性の
ランディーには天晴なことである。

カワイのデジタルピアノをアマゾンで購入

色はローズウッド。
以前は鍵盤が光って次の音を教えてくれるカシオトーンで練習していたのだが、
ペダルがパソコンのマウスのようになっている後付のものだった。
べダルを使う曲をしていなかったので不便ではなかったのだが、最近になって
ペダルを使う曲をやりだしたらもうどうにもマウスペダルがズって歩くので
限界を感じて新しいデジタルピアノを購入することにした。

ヤマハはピアノを買ってもらうことを優先しているので、デジタルの仕上がりは
カワイの方がいいという情報から、木製鍵盤を採用しているCA65というモデルに
決定した。

カワイデジタルピアノCA65の音色と実力

ドイツ語なのでちょっとなに言っているか全く分からないが、音の響きは
よくわかる。

ピアノだけの音の種類もコンサートピアノ、スタジオピアノ、
アップライトなどあり、天蓋を開けた状態、半分開けた状態、
閉じた状態など色々選べて楽しめる。

パイプオルガンのなかでもチャーチオルガンというものの音が素晴らしい。
数少ないレパートリーの一つにバッハのインベンション1があるのだが、
この曲をチャーチオルガンで弾くと我ながらうっとりしてしまう。

いや、もちろん超下手くそ。音がいいのだ、その荘厳さは適当なブーディストで
あるランディーを一瞬にして敬虔なクリスチャンに変えてしまう凄さが
あるというかテニスの錦織選手を成長させたマイケル・チャンコーチに脱帽である。

最近のデジタルピアノでは常識なのかもしれませんが、
USB端子がついているため簡単に自分の演奏を録音することができます。

左手だけ演奏して録音。それを再生しながら右手で演奏する
なんて邪道な練習もできたりします。

河合デジタルピアノの気に入らない点

ふにゃふにゃのおもちゃ鍵盤のカシオトーンよりまましだが、
思っていたほど鍵盤が重くない。デジタルだから仕方がないが。
強く押さないと音が出ないタッチにすることは可能なのでそういう
セッティングにはしている。

ペダルを踏むときと戻すときに軋む音がする。
これは個体差があると思うがダンディーのものは外れだと思う。
賃貸だからヘッドフォンで練習しているから雑音としてそんなに
気にならないが、感触としてひっかかるものが感じ取れてしまう。

【追記】上記の不満は回数踏んでいるうちに音がしなくなりました。

インターネットで楽器を買うことについて

弘法筆を選ばず、達人は楽器を選ばないが、ド素人に毛が生えた
程度のダンディーとしてはペダルのきしみ音はショックである
高価なものはやはり実店舗で触ってみてからが鉄則だ。

だが、ランディーはエレキベースを買った時も、今回のデジタルピアノも
アマゾンで購入した。忙しいので実店舗見て回る余裕なんてないのだ。
まあ、そこまで忙しくないのだが。時間は節約できたからよしである。

在庫があるか確認したいので、メールしてから注文して下さいと
言われてメールすると案内があり、運賃や部屋までの設置代金が
アマゾンを通すと別途かかるがお店直だと無料とのことで
アマゾンを通さず購入した。

業者としてもアマゾン側に手数料を払って売ってもらうよりも
送料と設置料を無料にしても直で売る方がうまみがあるのだろう。
顧客も業者も嬉しい。うまいやり方だと思った。

本はアマゾンが送料無料で在庫ありの状態で注文できるから客にとっては
大変ありがたいが、そのせいで国内の書店には大打撃であろうし、
外資だからあまり応援したくない。

イオンのように全国の郊外に同じ町並みを形成し、地元の商店と文化を
破壊するやりかたは国内の会社といっても応援しかねるが。
いずれにせよ時代には逆らえないということだ。

というわけで、ランディーはちゃんとしたペダル付きのデジタルピアノを
手に入れたわけだし、これからも細く長くおじいちゃんになっても
ピアノを続けていく所存である。

【また追記】
仕事が多忙になったことと先生との曜日が合わなくなったため
泣く泣くレッスンを終了しました。

楽譜もある程度読めるようになり、別に発表会にでようとか
思っていませんので自宅でぼちぼち練習していきたいです。

在宅でも十分ピアノを上達させることができる!

ランディーの先生が教えてくれたレッスンに近い教材を
発見致しました。まずは動画をご覧下さい。

冒頭にでてくる手拍子でのリズムを取る練習。とても大切です。
私も美人先生に叩き込まれました。これをクリアしないと
ドレミは読めてもタイミングはつかめないのです。

中年からピアノを始め、先生についていたランディーだからこそ
この教材の良さが分かります。買ってませんけど!

海野先生の教材はDVD3本と教本のセットです。動画で、そして
教本の2本柱で技術と知識が得られます。

楽譜が全く読めないレベルから徐々に鍛えていってくれるそうです。
収録曲はベートーベン第九、ホルストのジュピター、
ショパンの別れの曲などのクラシックからなごり雪、
いい日旅立ちなどの日本のポピュラーソングなども30日~90日で
弾けるようになるとのことです。

ランディーは月四回お月謝8000円でしたから3年で288000円
支払いましたが、まじめに練習していなかったので(時にはおしゃべり
だけで終わることも)恥ずかしくて何曲弾けるとか言えません><
4曲です。

海野先生の教材はたったの29800円なので忙しくてレッスンに
行けない方や、周りに教室がない方は購入してみてもよいのでは
ないでしょうか。

レッスンに通おうと考えていらっしゃる方でも、この教材をマスター
してから通うほうが実際のレッスンのパフォーマンスを上げられる
とも思います。

憧れのピアノが、わずか30日で弾ける!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る