バングラディシュのグラミン銀行は貧困問題解決の一助になっているのか

グラミン銀行

バングラデシュと書くのが正しいそうですが、私世代ですと
まだまだバングラディッシュと言ってしまいますが、現地での
正確な発音なんて我々にはできないのだからどうだっていいだろう
と思ってしまういつも適当、無教養ランディーです。こんばんは。

首都ダッカのレストランでのテロで7名の日本人が亡くなったのも
記憶に新しいです。

アジア最貧国の一つバングラディシュのおさらい

バングラデシュ鉄道

面積は日本の半分以下ですが人口は約1億6000万人います。
BC4世紀からインドのマウリヤ朝やグプタ朝の属領でした。

この頃は仏教が盛んだったのですが、13世紀から北インドに
できたデリースルタン朝がイスラム系であったので現バングラデシュ
もあるこのベンガル地方にイスラム教が入りました。

そして18世紀後半、悪の枢軸国であるイギリスの東インド会社によって
ベンガル地方は植民地化されてしまいました。

インドが1947年にイギリスから独立し、
1971年バングラデシュはパキスタンから独立しました。

1日2ドル以下で暮らす人が1億人を超える国

一人当たりGDPが900ドル台といわけでして、これを365で
わると1日あたり約2.5ドル。国民の殆どが2ドル以下でも
全く不思議ではありません。

しかし人口の六割ほどが農業に従事しているので食べるものに困って
いる人はそこまでおらず、2ドル以下で暮らしているから猛烈な
貧困状態にあるとは言い切れないようです。

周りのみんなが平等に貧しい状態であれば不満もそこまででない
かもしれません。家族と一緒に過ごす時間を大切にしており
日本なんかよりずっとバングラデシュの国民は幸福である
と述べているブロガーの方も散見されます。

AIIB(アジアインフラ投資銀行)の送電線整備の融資や
天然資源、インドと中国へのアクセスのしやすさで世界から
注目されています。

日本はバングラデシュが独立した1971年からODAや
海外青年協力隊,JICAなどを通して様々な援助を継続して
います。ですからはかの国はとても親日国家と言えます。

人口1600万人のメガシティー・ダッカの日常風景

都市の喧騒と言うにはカオスすぎる2014年の動画。

うるさい!

静謐と猫を愛するランディーはとうていこの地では生活できない
ことでしょう。

鳴り止まないクラクション、人々の怒声、馬車にリクシャー。
私なら命がけだが手馴れた様子で道路を横断する人々。

「生命力」という言葉を思い出さずにはいられない動画でした。
この9分の動画を見ている後半のほうでは、もはやクラクションの
音が「オレハココデイキテル!」「オレモダ!」
にしか聞こえなくなってきました。

こんな地では暮らせないと言っておきながら適応能力抜群の
私なので1年後にはニコニコしながら後ろに家財道具を乗せて
リキシャーを漕いでいるかもしれません。

バツイチ独身子なしの私は生涯を日本で終える義務はないのです。
物価の安い海外に単身移住する選択があるのです。

この騒がしさと混雑も棲めば都、やみつきになるやもしれません。
一寸先はやみつきダッカです。ダッカいい女がいれば最高なのですが。

ただ色黒の女性にはあまり魅力を感じないのですが、円楽師匠の
「差別はいけません。この世で私は差別と黒人が一番嫌いです!」
というほどではありませんのでいかなる女性も私はウェルカムです。

マイクロクレジット。貧困層向けの銀行、グラミン銀行

普通の銀行から融資を受けられない失業者や貧困者向けに
小額融資するマイクロクレジット。バングラデシュでは多くの
貧困女性がグラミン銀行から融資を受けて何らかの個人事業を
行い生活の足しにしています。

グラミン銀行の創設者ムハマド・ユヌス氏

ムハマド・ユヌス

ムハマド・ユヌス氏はグラミン銀行を興しマイクロクレジットを
始め、2006年にはノーベル平和賞を受賞しています。

宝石商の息子として生まれダッカ大学卒業後フルブライト奨学金
をもらいアメリカの大学を卒業。州立大学で助教授をした後
1972年にバングラデシュに帰国(パキスタンからの独立の翌年)、
貧困問題に取り組みはじめます。

そして1983年ムハマド氏はグラミン銀行を創設しました。

マイクロクレジット、マイクロファイナンスは貧困ビジネスなのか

貧窮している方々の暮らしを少しでも楽にするために生まれた
マイクロクレジット。何も問題がなさそうに思われます。

しかしエコノミストであり、マイクロファイナンスにも関わってきた
ヒュー・シンクレア氏の「世界は貧困を食いものにしている」を
読むと大変暗い気持ちにならざるを得ません。

この本で説明されているグラミン銀行は、バングラデシュ通貨の
タカによる自己資金で運営され、地域社会の富を構築するために
利子と利益は地元で再循環されるとしています。

ですからグラミン銀行は地域の貧困の解決に繋がっていると
いえます。

何が問題かというとグラミン銀行をビジネスモデルとし
マイクロファイナンスで金儲けを目論む外資系金融業者の
暗躍です。

利子と利益が地元で再循環せず、海外の経営者と
投資家の手に渡るのであれば地元の経済が潤うことは
ありません。

この本ではマイクロファイナンス業者が行っている蛮行を
メキシコ、モザンビーク、ナイジェリア、モンゴルという国々で
している事実が詳細に書かれています。

マイクロファイナンスは700億ドル産業なのだそうです。
ほぼ7兆円産業。

結びに近いところ(P305)で筆者はこう書いています。
「世界から貧困をなくすという目的でマイクロファイナンスの
700億ドルの使われ方が効果的なものであるのか?」

残念ながら数少ない例外を除いてこのビジネスは利益追求の
ためになされています。資本主義ですものね。
貧困を撲滅するという大義名分のもとあまり批判されずに
堂々と搾取できることにうまみがあったのでしょう。

人間というか白人の資本家は本当に恐ろしい人種ですね。

貧乏物語を書いた河上肇先生も草葉の陰で泣いていらっしゃる
ことと思います。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る