独身貴族のためのウォーターサーバー(育毛にも期待する)

クリクラミオ


健康に留意して美味しいお水を飲んでいますか。
あなたのランディーです、こんにちは。

綺麗で安全な水は体にいいことは当然ですが、
育毛効果を期待して水道水からウォーターサーバーに
変えてみました。

ランディーは育毛のためにフルボ酸を飲んでいるのですが、折角ですから
ここは水も変えてみようという猪突猛進アグレッシブです。

というか、水こそが生命の源であり、ひいては髪の源しずかちゃんなのです!

水と育毛の切っても切れない関係

水と育毛の関係

成人男性の体の6割程度は水でできている訳ですが、
髪の10%が水分でできていると言われています。

塩素混じりの水道水でできた髪ときれいな天然水でできた髪の
どちらが健康かは新宿の母等の占い師にきくまでもありません。

プールに入れば分かるように塩素は髪の毛を傷めます。
水道水の塩素を飲料水として内側から取る行為はどう考えても
髪にダメージを与えてしまいます。

これ以上ダメージを与えられたら、セコンドに丹下段平でなく
きゃわいいラウンドガールがいて、黄色い声で
「ねぇ~♪たってってばぁ~♪」とかやられちゃっても
白目を剥いたまま、お空からなんとなく黄色い声が聞こえるような
気がするお年頃になってしまいました。

悪い生活習慣が一番育毛の妨げなわけですが・・・

生活習慣病

酒タバコ、暴飲暴食の結果↑の写真のようにはげてしまったのか
はげたからこそ暴飲暴食しているのか。

たばこがやめられない薄毛の方は今すぐ電子たばこで禁煙!

一夜にしてはげることはあまりありませんから、暴飲暴食の結果
はげた、が正解でしょう。

ストレスや睡眠不足といったこともあるでしょう。

自分の生きている環境はなかなか変えられないものですから、
酒やたばこをやめようとしたり、食べる量を抑えようとしても
簡単にいかないことは誰でも経験済です。

しかし、

水を変えると健康マインドに火がつく!

水と発毛効果

生命の源であり、健康を維持するために一番の水に気を使うことで
毎回ウォーターサーバーで水を飲むたびに健康に良いことをしている
という実感が湧きます。

そしてついでにちょっと○○を控えよう、という気にさせてくれます。
不思議なのは、「健康によい水を飲んでいるのだから後は何やっても
いいだろう」、という風にランディーは考えなかったことです。

これは新宿の母から受け継いだ生まれついてのポジティブマインドに
よるものだと思われます。あ、新宿はいりませんでした。

健康マインドに火がつく!と書きましたが、
そろそろ火をつけないと寿命が縮んでくるのを実感できる
大人な年齢になったということです。

大型犬の年齢でいうと優に300歳を超えていますから
当然といえば当然です。※12+(イヌ年齢ー1)×7

バツイチ独身貴族が選んだウォーターサーバー

独身貴族ウォーターサーバー

プレミアムウォーターというウォーターサーバーです。
まさにプレミアムな中年にぴったりという感じのサーバーです。
決め手は3つ。

1安心安全な天然水であること。(モンドセレクション4年連続受賞)
2専用アプリで電話しなくても注文ができる。
3ブラックのウォーターサーバーがランディーの好みでダンディー。

上記3点です。
1 天然水はウイスキーや焼酎の水割りに最高である。
2 私はスマホを持っていないが電話をいちいちかけるのが
  面倒な方にはもってこいの注文方法。
3 見た目やデザイン重視のランディーにはこのブラックは大変かっこよい。

一人暮らしなので普通そんなに消費しませんが、健康と発毛に
期待してなるべく多く飲むようにしています。

プレミアムウォーター

この会社近年大きく成長しているようで頼もしいです。

中年以降、血液をさらさらにしたり痛風対策にも積極的に
水分を取りたいところです。

ボトルがサーバー内に隠れて見えないものがありますが、
どれだけ飲んだか一目でわかるようにボトルの中身が見えるものが
いいと思います。

健康のためにも毛髪のためにも結局綺麗な水に変えることが
一番の近道なのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る