いかに簡単に女性がお金になびくのかを試した面白い実験

ランボルギーニ

車はずっとマニュアルです。拘りのある男ランディーです。
ご機嫌いかがですか。

かっこつけた風ですが、恥を忍んで正直に申し上げますと
実はは車の窓もマニュアルです。
もの凄い固いクルクルです。筋トレに一定の効果を上げております。

さてまずは海外ユーチューブの超高級車を使ったいたずら
動画をご覧ください。

高級車に乗っていれば女性に安心感を与えることができる?

最初の男性は吃音があり、最初に車無しで声をかけた二人の女性には
電話番号をきこうとしてあっけなく断られてしまいます。
仲良く女性二人で夕日を見ていたのに断った後その場を立ち去っていきます。

当然の対応ですね。危険から身を守るためには現場から遠ざかるのが
一番です。

そして黒のランボルギーニに乗り換えて二人組の女性に声をかけるのですが、
なんと先ほど断られたばかりの女性です。

先程同様に話すのですが、二人の対応が違います。
男性は自分の名前を名乗らず相手の名前を聞くのですが、
二人とも車に近づいてきてすぐ名前を答えています。

どこの馬の骨とも分からない男から高級外車に乗れる男との認識に
変化するわけですね。どっちの男でも下心は変わらないわけですし、
ついていくと危険な目にあわされるかもしれません。

高級外車に乗っているだけでそういった警戒心が解けるのは
非常に興味深いです。

相変わらず男性は吃音交じりに話しており、数分前に会っているのだから
女性も気付くはずなのだがそれには触れずあっさり電話番号を
教えてしまいます。

彼氏とデート中なのに金持ち男になびいてしまう女性

3本詰め合わせの動画の2本目です。
デート中のカップルを故意に攻撃しています。
「これらの女性に忠誠心はあるのか?」というタイトル。

ちょっとその辺回るだけだからランボルギーニでドライブしないか。
と誘っています。黒人男性は「なんで俺の彼女にそんなことするんだ」と
立腹し始めますし、女性もいぶかってはいますが、体が車の方に行こうと
しています。

ほんの一回りしてすぐ戻るから、変な事しないから、ってことで彼女自身も
彼氏をなだめて男についていきます。彼氏は背中を向けてその場を去ります。

3:22秒で女性はガッツポーズで小躍りしています(笑)
その直後にこの手の車に乗ったことある?と男に聞かれ、
凄く不安な声でノーと答えています。
その声に男も思わず何もしないからと安心させる言葉を吐いています。
鬼恐ろしいしたたか女性ですね。ランディー恐怖に慄いてしまいました。

まあ何回挑戦して、このようなどっきりにひっかかる女性を見つけたのか
は分かりませんから全ての女性がこのようなわけは当然ないと思います。

良い女性はお金になびかないといいますし、ランボルギーニは悪女ホイホイ
なのかと感じました。

どっきりだと分かったら女性に訴えられかねない

男性は彼女の本性が知れたわけですからダメージよりも他に良い女性を
下がる道を示されたわけであります。

反対に、どっきりだと知らせた後の女性の激怒ぶりまで撮影して欲しかったです。
彼女が男性とよりを戻すためには徹底的にこびないといけません。
行く末に暗雲が垂れ込めるのは必死です。

そうなるとアメリカですから裁判沙汰になるかもしれません。
拠ってこのどっきり撮影自体がやらせである可能性も拭えません。

記事の終わりとしては身も蓋もないものとなってしまいました。
こんなことになるとは思ってもみなかったのですが、
それが人生だとランディーは思うのです。
ですが、このままだと締りが悪いのでもう一本ご用意しました。

男性は女性の高級車になびくのか実験

コルベットで声をかけた場合とミニバンで声をかけた場合の
違いを検証しています。

これはミニバンの頼み方が酷いですな。
あんだけミニバン強調されたら裏があるのかと警戒されます。
特にロサンゼルスだということなので・・・
コルベットはオープンなので罠が見えませんが、ミニバンの中に
男がのっていて金品を巻き上げられるかもしれません。

タイトルがお金になびくかというものですが、
彼女のルックスなら自転車の二人乗りに誘えば100%
だと思います。
後ろに乗ってお椀にしがみつくか前に乗って背中にお椀を感じるか
全力で悩みます。

もう一台おんぼろのオープンカーでやるか、
もっと不美人な方で実験してもらわないと意味がありません。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る