キンドルウォーキング。知らないうちに凄い距離歩ける!

ウォーキングデッド

ウォーキングデッドです。まさに死ぬほど歩けます!

ランディーです。歩いてますか?
ウォーキング人口は国内で2000万人以上いると
されています。

女性は連れだって会話を楽しみながらウォーキング
されている方をよく見かけます。

ご夫婦で楽しんでいらっしゃる方もいますね。

バツイチ独身ランディーはぼ~っと一人でするウォーキング
が苦手です。音楽を聴きながらでも暇すぎる。

そこでやっているのがキンドルウォーキング。
アマゾンのブックリーダーキンドルを使って本を読みながら
のウォーキングです。

キンドルウォーキングの9つの素晴らしいメリット

1)本を読みながらのウォーキングなので、退屈せずに
長時間、長距離歩くことができる。

2)読書とウォーキングが両立できるので時間が節約できる。

3)ジムに行かなくていいのでお金の節約にもなる。

4)薄くて軽く携帯性に優れていてウォーキング中も
  ページをめくるのに支障がない。

5)景色に見とれたりしても本ではないので閉じなくてよいし
  すぐもとの行に戻ることができる。

6)バックライトが付くので夜道でも読書ウォーキングができる。

7)文字の大きさを変えられるので歩行に適したフォントサイズを
  選ぶことができる。

8)歩行中、他人様とすれ違う時、キンドルに集中すれば
  気まずい思いから解放される。

9)バッテリーが長持ちするので(20時間位は余裕)
  気にせずウォーキングできる。

指でスライドしてページをめくる電子書籍リーダーは
普通の本とは違ってページをめくらなくてよいので
ウォーキングだけでなく、ルームランナーをはじめとする
家庭にあるトレーニング器機との相性もばっちりです。

また外食一人飯の多いランディーは

このカバーをつけているので両手がフリーになるため
食事をとりながら読書をストレスなしに楽しんでいます。

キンドルウォーキングは場所選びが大切

本を読みながら歩くのですから安全は確保しないといけません。
私は車が通らない川沿いを歩いています。

人通りが少なく、車が通らない場所を選んで事故のないように
注意してください。

運動しながらなので読む本は軽い物や漫画が好ましい

歩きながら思考するとよいアイディが産まれるというのはよく
聞く話です。しかしその時は一応目が前方を向いており、障害物等
簡単に避けられます。

しかし読書ウォーキングの場合は書面または画面を見ながら
歩いている訳ですから、あまり堅い読み物をしかも考えながら
読むことはいささか危険が伴います。

ですからあたりにも気を配りながら前方もちらちら見ることができる
余裕がある読書状態にしたいところです。

語学の参考書なんかの例文を一瞥して、暗唱しながら歩くなんてのは
大変効果もありますし安全です。

ウォーキングに最適、大人が読んでも面白いキンドルおすすめ漫画

マネーの拳

ドラゴン桜の作者三田紀房氏が描く、元プロボクサーの
起業なりあがり話。商売の鉄則やお金を儲けることの本質が
さらりと描かれていてのめりこめる。

ブラックジャックによろしく

研修医の過酷さや医療問題を扱っている。
作者の佐藤秀峰氏が著作権フリーとしているため、
なんとキンドル版全13巻が無料となっています。

キンドルには無料の本もたくさんあります。
私はこの13巻を全てウォーキング中に読みました。

バーレモンハート

酒好きにはたまらないバーの漫画。
ほろ苦いストーリーとともに広範囲にわたるお酒のうん蓄が
身に付きます。

キンドル版は普通の物より少し安くなっているので読み返す必要が
ない軽い物や漫画はキンドル版にしています。空間的に1mmも
かさばらないので置き場に困らず便利です。

でもランディーは購入書籍には付箋や書き込みをする派なので
そういう作業が必要な書籍は紙のものにしています。

とろける鉄工所

作者の 野村宗弘氏自身が鉄工所で働いた経験を持つ。
異業種の内容を漫画で読めるのは楽しい。

風雲児たち

歴史のおさらいに最適な漫画。最新の研究とは違った見解も
みうけられるようですが、大人も子供も楽しめる史実にそった
ストーリーに夢中になれます。大人買いして損なし。

百億の男

母親のせいで100億の借金を背負った男が日本社会を牛耳る
大会社のもとで復讐をしながら成り上がっていく物語。
これを読めば男としての血が瞬間的に沸騰します。
ウォーキングのスピードも知らずに速くなること請け合いです。

ギャングース

施設で育ったりして身よりも学歴もない若者集団が
オレオレ詐欺をしている犯罪者集団からお金を横取り
する話。

貧困問題に取り組むルポライターの鈴木大介さんが監修
しており取材に基づく事実に近い形で底辺社会を
語っているのが興味深いです。

ところどころに鈴木さんの注釈やルポのコラムなども
あり勉強にもなります。

サンクチュアリ

水木しげる氏のアシスタントを務めたこともあるという
福井県出身の漫画家池上遼一氏の作品。

二人の男がヤクザと政治家に分かれて日本を動かそうという
壮大なストーリー。カンボジアで強制労働させらていて二人は
家族以上の固い絆で結ばれて男の友情を貫きお互い成り上がっていく。
1巻読めばかならず次が読みたくなりウォーキングも捗りまくります。

まだまだウォーキングの最適な漫画がキンドル版たくさん
あります。暇をみてかいていきますね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る