驚愕!アメリカの昆虫型ドローン(偵察機)がエグい。

昆虫型ドローン

おやようからおやすみまで、あなたを優しくストーキング
するランディーです。ようこそようこそ。

科学技術という物は古くからまず軍事利用され、それが
完成すると広く人々になじむようになります。

最新ドローン技術を世界一の軍事大国アメリカを
中心に見て参りましょう。

米テックジェクト社の手のひらサイズトンボ型ドローン

鳥のように飛ぶこともできるし、トンボのようにホバリングすることも
可能。

ビデオでは南部のMITと呼ばれるジョージア工科大
(ジョージアテック)卒の二人が解説してくれます。

野外活動撮影としての用途

ポケットに入れて持ち運びできるので様々なアウトドアシーンの
撮影に適している。

ランディーはテニスをしていますが、色んなアングルからビデオ
撮影すると面白いと思います。

テニスに限らず色々なスポーツの技術向上に貢献して
くれるのではないでしょうか。今までと全く異なった
視点からのアプローチにより、スポーツ全般が別次元の
進化を遂げそうな予感がします。

ラジコンとしての遊び用途

ビデオにもあるように、ボディーカラーや羽の形状を
細かく設定できますから、遊びとしても楽しめそうです。

輪っかを通したり、立てた鉛筆を倒したりと、工夫を凝らした
コースも自由かつ手軽に作れそうです。

またホバリングできますから小さなピンを装着させれば
上昇中に風船を割ったりもできそうです。

コントロールはスマホやipadで簡単にできるようなので
リモコンを買う必要もない代わりに増々アップル製品の
売り上げに寄与するというアメリカの国家戦略の明暗にも
かかわる製品ですね。

1万円以下で買えるアマゾンドローンのベストセラー

なんと9000円を切る価格でこんな素敵なおもちゃが手に入る
時代になってしまいました。

カメラ付きでこの値段です。本体の重量も50gと超軽量。
室内で飛ばす練習をしてから無風のときに屋外で高所からの
撮影も楽しめるとのことです。

これは自分へのクリスマスプレゼントに是非とも欲しいですね。
一軒家をお持ちの方は屋根の状態をチェックして家のメンテナンス
なんかにも利用できますね。

ホームセキュリティーの用途

部屋の中を自由に飛び回ることができるので各部屋の
監視に使えます。

ご子息ご令嬢がしっかり勉強しているかもチェックできます。
専業主婦の方が昼間どう過ごされているのか気になっている
旦那さんも多いことでしょう。

お隣さんのお宅の夕食拝見!とか、かつら疑惑のある
鈴木さんの頭上を執拗に旋回してみたり・・・

バッテリーが改良されソーラー充電タイプのものがいずれ
開発されれば、営業車を追っかけてきたり、浮気相手との密会を
偵察されたり・・・

恐ろしい監視社会です!

軍事利用としては当然敵に感知されることなく様子を探るのに
都合がよいでしょう。また人が入りにくい場所へのレスキュー活動にも
一役かうでしょう。

これらの研究開発にアメリカ空軍から100万ドルの助成金が
出たということです。

中小企業庁調べの開廃業率は
日本 開業4.6% 廃業 3.8%
米国 開業9.3% 廃業 10.3%
となっていて、アメリカの国民の方がベンチャー精神が
旺盛で、国の利益になる分野においては積極的に
補助金や助成金を出しているイメージがあります。

日本も負けてはいられませんね。

これはアウトな感じの蚊のドローン

蚊のドローン

こんなものが本当に存在するのでしょうか。世も末な感じです。
先端に針がついていますね。ウイルス入れればとんでもないことに
なります。まさにこれからドローン戦争の時代に突入するのですね。

人間という生き物は本当に怖い存在です。

ハーバード大マーゴ・セルツァー教授のドローン未来予測

「プライバシーという言葉は葬り去られた」
コンピューター科学者であるハーバード大学のマーゴ・セルツァー教授の
言葉です。何を意味しているのでしょう。

教授は個人の遺伝子情報が流出することは不可避だと言っています。

現段階として、世界の政治リーダーたちの遺伝子情報を諜報部員たちは
求められているそうです。その情報から今後の罹患率や余命がどれほどか
算出できるようです。暗殺しなくても死期が予測できれば、先手を
打つことができますね。

保険会社は遺伝子情報から特定の病気のリスクのあるものを契約者から
除外できるでしょう。自分たちの会社のリスクを極限まで減らすことが
できるようになるわけです。

もしもの場合に備えて普通保険に入るわけですが、もしもの場合がこない
人だけが保険に入れる時代が来るわけですね。
外資の保険なんて今でも論外ですが、日本のも含めて見直しではなく、
そもそも保険に加入すること自体を考えないといけなくなります。

物を売りたい企業も情報からピンポイントでセールス広告を打てることに
なります。ここでも医薬品の販売に成果が出そうです。
本人や家族より早く妊娠しているかどうかが他者に知られてしまう時代にも
なるということです。

これらの遺伝子情報を相手に悟られることなく収集できるのが
蚊のサイズのドローンだということです。

未来を予測することは信じられないほどの富をもたらすことに直結します。

ということで、ランディーはそういうミニチュアドローンが接近できなく
なる妨害電波を出す腕時計でも今から開発したいと思います。

どなたか2兆円ほど出資なさって下さらないでしょうか。
メールどしどし送って下さい。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る