ブライドルレザーの魅力に迫る。極上財布と革製品の手入れ

ブライドルレザーメンズ財布

ブリティッシュブライドルレザー

ランディーです。いつも本当にありがとうございます。
世界各地の美女を股にかけてここまできましたが、
残念ながら馬に股をかけたことがありません。

すみません。馬の部分だけ事実です。

ブライドル(bridle)とは馬の頭部にかける革製のヒモのことです。
日本語では頭絡(とうらく)といいます。
因みにスジャータはめいらくです。

ブライドル

上の写真の口元の金属が馬銜(はみ)で頭絡と手綱で結ばれています。
馬銜は紀元前1500年頃からもう使われていたようで、
人類が馬を乗りこなそうとした歴史は相当長いのですね。

さて、馬術にはブリティッシュ馬術というものがあります。
いかに優雅にそして正確に馬を乗りこなすかが競われます。
ハイソサイエティーのたしなみでありますね。

ランディーには生涯縁がなさそうであります!
知り合いで乗馬をたしなむ女性がいますが、彼女はプチセレブで
なかなかお淑やかな方です。

私が知り合いの女性という言葉を使うときは、女児から老婆
そして動物や昆虫のメスまで含みますのでそのような解釈を
よろしくお願い致します。

ブライドルレザーやコードバンの財布は一生もの

NHKの朝ドラ「まれ」で、ヒロインが輪島塗のお椀の値段をみてびっくり
するワンシーンがあります。すると店員をしていたヒーローに
数十工程で仕上げて100年持つ商品を値段だけで見るなと一喝されます。

ブライドルレザーやコードバンレザーの製品にもまさに同じことが言えます。
職人さんが一つ一つ丁寧にハンドメイドされたものは一生モノです。

コードバンはお馬さんの臀部、つまりお尻の部分で作られた希少な革。
尻ポケット派の私はコードバンの財布のほうが人馬でお尻を
くっつけ合う感じでよろしいのでしょうか。

以前Ktルイストンというアメリカブランドのコードバンの財布を
持っていたのですが、トイレに落としてしまい、洗って乾かして
しばらく使っていましたが光沢がなくなり嫌になり買い換えた
記憶があります。

全く関係ないのですが、人気のないシーズンの時に限って朝ドラをみて
いる気がします。私はなぜか行動力漲っている時期に朝ドラを見るようです。
そしてその視聴率の高さと自身のボルテージの度合いが反比例している
ことに気づきました。

その点を考慮して色々行動してみるのも面白いと思いました。
どーでも良いことを書きなぐってしまってすみません。
でもランディーの75%はどうでもいいことで成り立っています!

小銭入れブライドルレザー

ところで私は財布に小銭入れが付いたタイプのものを好みません。
尻ポケットに入れる派なので、財布が小銭で分厚くなり、財布の
傷みが早くなってしまうからです。

それで上の画像のような馬蹄型の小銭入れを一緒に持ち歩いく
ようになりました。

それでも私は1円と5円を寄付することを習慣にしており
お釣りが少なくなるような計算をせずレジを通るので
この馬蹄型小銭入れですらパンパンになってしまうのが目下の
悩みであります。

ココマイスター

のサイトにある商品はなんと日本の職人さんによってつくられています。
メイドインジャパンなのです!価格もそんなに高くありません。

ブライドルレザーの財布が3万円以下で、そしてコードバンの財布でも
4万円切っている良品もあります。

メンズ雑誌でも紹介されまくっています。
公式サイトから画像をお借りしました。

職人の革製品

海外ブランドものもよいですが、日本の職人さんにお金が流れる
仕組みの方が日本の経済のために良いに決まっています。

といいつつもランディーが今使っている財布は残念ながら
ココマイスターのものではなく↓なので非国民でしょうか。すみません。

イギリスのエッティンガー、グレインドレザー

ETTINGER(エッティンガー)はイギリス王室御用達ブランドで
ロイヤルコレクションと呼ばれるシリーズのパープルに一目ぼれして
公式サイトよりかなり安く買えるアマゾンで買ってしまいました。

紫を好むだなんて私も髪を紫に染めるおばさまの感性を
理解できるお年頃になったのでしょうか?

形、手触り、質感となかなか気に入っているのですが、重大な欠陥が
2つありました。

一つ目は、二つ折りの財布を開く時に一番下の左右カード入れがぴっちり
くっついていて「ニチャッ」という音をたてます。
繰り返しているうちにその部分のパープル塗料がはげてきました。

私はこのことを密かに親しみを込めてウィリアム王子効果と呼んでいます。

初めての小銭入れなしタイプです。それがない分だけ革と革が
綺麗に密着しやすいのかもしれません。今までそのようなトラブルに
見舞われたことがありませんので。

二つ目はお札の収まりが悪いことです。
札入れにきっちりいれないとお札が財布からちらちら見えて
みっともないのです。縦がもう少し長いとよかったのですが。

もしかしてこれは日英のお札のサイズ差からくる
不都合なのかと調べてみました。

日本の最高紙幣一万円札    縦76mm横160mm
英国の最高紙幣50ポンド札  縦80mm横156mm

あれ、ポンドの方が縦は長いのか。

紙を50ポンドの大きさに切って一万円札の上に置いてみました。
50ポンド紙幣大きさ

先ずはエッティンガーの財布に1万円札を入れてみます。
エッティンガー

かろうじてはみ出ていませんが、3枚4枚といれたり閉じると
微妙で嫌な感じになります。

では50ポンド疑似紙幣を入れてみます。
エッティンガー2

めちゃめちゃはみだしとるやないかい!

というわけで、日本の紙幣だから使いにくいのかと思いましたが、
イギリス紙幣だともっと使いにくいことが判明しました。

英国王室御用達ブランドは下々の人間のことを考えていないのか、
と下々オブ下々のランディーはご立腹です。

そしてあなたはお気づきであろうか。左がわ中段に透明のテープが
貼ってあることを。
更に右側に2か所ウィリアム効果が見て取れることを・・・

粘着防止に貼ったテープです。こんな貧乏くさいことをしないと
いけない英国王室御用達商品です。
まあ尻ポケットに入れている私の使い方が悪いとも十分考えられるのですけれど・・・
紳士は尻ポケットに財布を入れない!とお叱りを受けるかもしれませんが・・・
文房具店で売っているお洒落なマスキングテープを貼るのもよいです。

レザー財布を買うなら国産のココマイスターに次はします。
WEB通販ココマイスター

ココマイスターは自由が丘のLA VITA(ラ・ヴィータ)内に実店舗を
持っていますが、同じ敷地内にリニューアルオープンします!

売上絶好調なのですね。お近くにいらっしゃるかたは是非実店舗で
実際に商品を手にしてその上質感を味わってください。

レザー財布がエイジングされていく様子を楽しむ

革製品エイジング

使い込むほどに飴色の光沢が出て、角が取れて丸みを帯び、
自分の体に馴染んでくる。かっこいいですね。
まるで男の生き様そのもののような気もします。

アンチエイジングなんて言葉がありますが、
昔テレビで泉谷しげるさんが顔面に老人性色素斑の一つもないやつは
まだまだガキだ!と仰っていたのをなんとなく思い出しました。

皮革製品だけではなく、ダンディーな男としてもエイジング
していきたいものです。老人斑はあまりいりませんが・・・

革製品のお手入れにラナパーを使用する

乾燥して擦り切れたようになった部分への保湿効果が素晴らしいです。
カビ防止にも効果があります。

べとべとしていないのに皮の持つよい光沢が戻ってきます。
小汚くはげはげな感じになった革製品(本来そのような状態になっては
いけません)が家にあって捨てようと思っているかたは、まず
ラナパーを試してみてから処分を検討した方が後悔しません。



良いものを大切に長く使うことは人柄をよくする事にも一役買うと
思います。そしてコストパフォーマンスも良い気が致します。

こちらにミンクオイルの使い方の記事もございます。

革製品は手入れをしてこそ長持ちするのであります。

以上ブライドルレザーをはじめとして革製品のお手入れについて
私ランディーが心をこめてお伝えしました。
本日もあなたにとってよき日となりますように!
ありがとうございました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る