サウナの健康メリットとデメリットを網羅してみる

サウナしてますか?ランディーです。こんばんは。

長嶋茂雄さんは日本のサウナ大使なんだそうです。
私も何かの大使にいずれはなってみたいものです。

私の田舎都市の繁華街にあって馴染みのサウナが閉店
してしまいました。飲んだ後に安く泊まれたので重宝して
いたので非常に残念です。

そのビルには美味しい焼き鳥家さんやバーなどよく行く店が
結構あり、そのビルだけで飲食、寝泊りが完結できたのです。
飲んでも代行で帰るより安い料金でサウナに入れて泊まれたので
良い思い出です。

サウナと言えばフィンランドがルーツ。本場のサウナとは

1980年代からハイテク産業で成長したフィンランドで
世界的にも有名な企業はノキアであり、その取締役は
エスコ・アホさんという日本では失笑の的になってしまう
お名前であります。

人口530万にしてサウナの数が200万個。
世界に比類なきサウナ大国となっています。

巨大企業や政府の建物の中にもサウナが常設されている
そうです。

フィンランドのサウナは大きく分けて2種類。
ストーブ(薪か電気)プラス煙突型と
ストーブで煙突なしタイプがスモークサウナ。
スモークサウナの方がフィンランドでは伝統的と
されています。

しかしアパートなんかでもサウナがある場合がありますので
電気ストーブのものも多いと思われます。

日本と同じく裸の付き合いがあるフィンランドサウナ

ユーチューブの動画などで見ることができるフィンランドの
サウナは外国人が撮影しているものが多く、男性も女性も
水着着用ですが、本来は男女ともに素っ裸で入りますし、
男女混浴で素っ裸ということもあるようです。

子供の頃からそうしているので何も特別なことではない
ようです。まさに裸の付き合いです。

雪国では靴を履いたままですと部屋が汚れてしまうので
フィンランドでも靴は玄関に置いて部屋に入るとの事で
何か親しみが湧きますね。

サウナでデトックスは期待できるのか

毒物の体外排出をサウナによってできますでしょうか。
発汗によるデトックスになりますが、汗からの毒素排出は
体全体のわずか3%でしかないのだそうです。

大便が7割五分、小便が2割ほど。

ですからサウナにデトックス効果を求めるのではなく
良い状態の大便を排出することに努力を傾けた方が
よさそうですね。

脂汗なんて言葉もありますように汗からは悪いものが
ドバドバでてくれてもよさそうなものですが、ほとんど
水分だそうです。

水分を取らずに運動した後サウナに入ってビールは死ねる

中山きんに君が「健康のためなら病気になってもいい!」
と仰っていましたが、サウナで病気になったら洒落になりません。

私の知り合いで究極に美味しいビールを飲みたいという理由で
水分を取らずにジョギングした後に、サウナではないですが、
熱い湯に入り、ジョッキに注いだビールを一気にほてった体に
流し込むという方がいました。

エンジンにガソリンを投入するが如く体にビールが染み渡る
と仰っていました。

その方とは疎遠になってしまい全く交流は
なくその後どうしているかは存じ上げませんが、元気で
いてくれることを望みます。

喉が渇いている時のビールのうまさは格別ですが、サウナの後の
体は脱水状態になっています。

そんな時に水も飲まずにビールを流し込むと更に脱水状態が
加速して血液がドロドロになり血栓ができやすくなります。

一度や二度ならいいでしょうが、美味しいビールを飲みたいが
ために彼のような行動を習慣化してしまうと大変危険です。

サウナ大使の長嶋さんも脳梗塞になりましたが、サウナビールが
お好きであったようです。

くれぐれもサウナで失った水分を水等で補った後に
ビールを飲んでくださいね。

高血圧の方にもあまりよろしくない

サウナと水風呂の組み合わせは黄金タッグではありますが、
血管の拡張と収縮を繰り返すことになり、血管が弱ってくる
中年以降にはあまり優しくないようです。

私には見ず知らずの方と競い合う習性はございません。
ですから、サウナであの人より後で出てやるなどとは
考えたこともないのです。

2010年にフィンランドで行われたサウナ我慢大会では
死者がでてしまい、以降開催中止となっております。

くれぐれも体の状態と年齢を考慮した上で気楽にサウナを
楽しみたいものです。

自律神経を整えるための交代浴サウナ利用

あったかいお湯と水風呂を交互に浴びるのが交代浴ですが、
自律神経を整えられるようです。

自宅でも湯船と水シャワーの交互で簡単に温冷交代浴が
できます。毎日サウナに行くわけにはなかなかいきません
からね。

上がり際の最後には水で〆ると汗も噴出さず、毛穴も
しまっていいです。

私のお金持ちの知り合いで5人で毎日外風呂に通って
いる家族がいます。入浴に月5万円以上かけている
リッチファミリーです。

サウナも毎日利用していて確かにお肌はつるつるです。

私のような貧乏人にはとても真似できません。

自律神経を整えるために日々の睡眠をどうするか
に気を使ったほうがよさそうです。

日々のお風呂をサウナにしてダイエットする

自宅のお風呂で鍋にお湯を沸かして蒸気を発生させ、
サウナ化している方がいました。

涙ぐましい努力ですが、蒸気が全く足りずに失敗
されています。

とにかく汗を大量に出したいわけですよね。
サウナスーツを着て入浴すればよいのではないでしょうか。

これなんて3000円台と安いのでお風呂専用のサウナスーツ
にしてもよいかもしれません。お手軽に滝のような汗をかける
のではないでしょうか。

・・・と思ってインターネッツを彷徨っていると、
本当にお風呂専用のサウナスーツがありました!

5980円!高い!薄くて品物も悪そう。
この程度なら雨合羽でも着て入浴したらよいのじゃないかしら。

でも足先も閉じている形のワンピースになっているので
体から噴出した汗の量をこのように目視することができます。
これはちょっと嬉しいかも。

お風呂専用サウナスーツ バナナスリム 今ならキャンペーン価格で♪


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る