中国と対等に付き合うために日本人が知っておくべき中国史

2010年にGDPで中国に抜かれてからはや8年目。
日本の皆様いかがお過ごしでしょうか。

私といえば、本日も安定の低空飛行でございます。
寒さに震え上がっております。身も心も。

世界の注目が北朝鮮に向かう中、中国はせっせと
南沙諸島の飛行場の滑走路を完成させ戦闘機を
配備しようとしています。

この厄介な隣人とどう付き合っていくべきかは
かの国の正しい歴史認識が必要でございます。

ランディーのような低脳はこの辺でひっこませて
頂いて、我らが宮脇淳子先生に登場いただきましょう。

宮脇淳子先生の真実の中国史講義

1912年に中国が成立してそれ以前には中国という国はない。

中国王朝という言葉は日本の学者が作ったもので連綿として
受け継がれてきたという意味での歴史は中国にはない。

中国人は中華思想のもと過去の歴史は全て捨て都合の良い部分
だけ塗り替えて新たな歴史をでっちあげる嘘つき民族である。

清朝は中国ではなかった。違う民族がたくさん集まっていて
満州人が統治していただけ。

満州人もウイグル人もモンゴル人もチベット人も
漢字を使っていなかったので清朝は漢字を使う中国ではない。

中国五千年の歴史といいだしたのが1912年。
辛亥革命をおこした人々はほとんど日本に留学していて
皇紀2600年などの天皇から続く歴史をぱくって
5000年などと言い出した。

ランディー(今の中国は漢民族なので殷周明漢の漢のときに栄えていた
民族です。他は絶えず様々な民族と対立をくりかえし
生き残ってきたわけですので、5000年イコール
決して漢民族の歴史にはなりえないのですね。
漢が滅びたあとは漢民族は少数派民族として細々と
やってきたのです。)

中国のナショナリズムは反日のみで愛国心などない。
日韓は日本に憧れてぱくろうとしていただけ。

清由来のシナは見てすぐ意味の分からない漢字なので
CHINAは良くてもシナは蔑称である。
みて意味の分かる日本をぱくって中国とした。

辛亥革命はどのようにして起こったか

辛亥革命は日本で近代化を勉強して帰国し、清軍の長
になった人々のクーデターであり、連絡は日本語で
取り合っていた(中国では共通語がなかっため)。

1911年にモンゴル、清朝崩壊で1913年チベット独立、
実効支配できていなかったウイグル。つまり
清朝がそのままの支配領域で中華民国になったのではない。

ラストエンペラー溥儀は当時6歳だったので父の醇親王が
北洋軍(日清戦争時李鴻章が率いた)の袁世凱に
革命軍の討伐を命じた。

袁世凱は孫文と戦争せずに清朝の幕引きをする取引をした。

中華民国に出した21か条の要求は日清戦争時になされた
ものを中華民国に再確認させるものであった。

それを袁世凱は飲み、日本から円借款を受けられるように
なった。

ランディー)中国に対するODAは1979年にはじまり
2007年には新規での中国へのODAはなくなりましたが
2013年までの累計は3兆6000億円になっています。

この動画の最後の方に述べられている
中国美女の正体はこれです。

日本の歴史教育はおかしい!間違っている!

「200年前くらいからの歴史を世界史として日本史を
組み込みながらまず学習すべきです!」

日本史を縄文時代から小学校で学び、時間が足りなくて
近代史は駆け足、ということを中学でも高校でも
繰り返す国日本。そりゃ正しい歴史認識が養われません
よね。私も含めて。


関連記事

コメントは利用できません。

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る