インプラントの費用を検索する前にその害を考える。

インプラントを考える前に

まず保険治療と自費治療の違いを理解しましょう

保険治療は厚生労働省がその内容を細かく定めています。
ですから、その範囲内で治療するには使う材料に限界があります。

ランディーはいまでは保険適用でもされない銀歯をもっていますが、
国民に広く行き渡るようにつくられた保険適用内での銀歯は
虫歯には良くないようです。銀歯の下で虫歯が進行したり、
歯茎の色が汚くなったりします。それは銀歯が劣化しやすいからです。

そして医科と歯科で比べた場合、保険治療で儲かる率は
歯科の方が低く設定されています。歯科での治療は生死にかかわる
ものではないので安く設定されているのでしょうか。

保険治療で利益をだすのは難しい

歯医者さんの場合、保険治療ばかりやっていると儲からないので
数をこなすしかなくなります。全ての方がそうではないでしょうが
こなす数が多くなれば雑になってしまうのも仕方がないことでしょう。

保険治療のみですと一日に30人前後こなさないと利益が
でないそうです。

一人15分として30人こなすとそれだけでもう7時間30分の
労働になってしまいます。これでは確かにやってけそうに
ありません。

手抜きをしたり水増し請求をするかたも少なくないようです。
これは我が国の保険制度にも問題がありそうです。

コンビニよりも数が多い歯医者が生き残る道は?

歯医者林立

それは簡単。自費治療を増やすことです。
流行の自費治療と言えばもちろんインプラントです。

親戚がインプラントで儲けているからと、歯医者に全く興味のない
息子を歯科大に入れた人を知っています。

その息子さんはひどく手先が不器用で、親だったら
子供の適正ぐらい分かるはずなのにと思った
ものです。

わが子かわいさに将来稼げる仕事を勧める気持ちは
バツイチ子なしのランディーでも分かる気はしますが・・・

儲けの為に安易にインプラントを導入している歯科医が増えています。
しかし決して忘れてはいけないことがあります。それは

インプラントは外科手術である

ということです。技術のないお医者様に外科手術を頼む
ことほど怖いことはありません。

しかも先述したご子息のように歯科に興味もなくお金のためだけに
働く極端に不器用な先生が世の中に存在していると
思うと、インプラントに関しては慎重に慎重を重ねるべきでしょう。


インプラントを考えるなら、書籍の2,3冊は読み
知識を得ておくに越したことはありません。

歯は残すのが基本。インプラントは最後の最後に考えるのが
吉ではないかと思います。

この本のレビューで勉強になったのは
「入れ歯やインプラントにすると歯磨きが楽チンになるのかな
と思っていたところ、メンテナンスのためによりしっかり磨くことが
重要になってくると書いてあって驚いた。」
というものです。

もともとある歯は体の一部ですから無駄なく互いに寄り添うようにして
隙間など生まれないものなのですが、人口歯はそうはならないので
隙間ができやすく、そこからばい菌が入りやすくなるそうです。

歯科医がワーキングプアになってしまう時代

歯科医のワーキングプア

歯科医師の5人に1人は年収300万。稼いでいる人は稼いでいると
思いますが、開業医の平均は約700万円。

子供の6人に1人が貧困状態といわれていますが、歯科医師の
状況もかなり過酷だといえそうです。

私立の歯科大を出た場合、かかる学費は数千万円。
勤務医になる場合は優秀でないと技術を磨けて将来の糧となる
歯科医院に就職できる可能性は低い。

ランディーの父の知り合いは借金して息子を何とか歯科医に
したけれどすぐに元が取れたそうです。何十年も前に話しです。
今ほど歯医者が溢れていない時代の話です。

勤務医では食べていけないから開業するしかないという流れ

しかし歯科医師過剰で競争相手多く、稼げない。
そうだインプラントに手を染めよう!

このようなパターンが非常に多いのだと思います。
まさに窮すれば濫すということなのでしょう。
貧しくなると道徳観念が失われやすいです。

もちろん全てのインプラント歯科医院がそうであるという
ことではありません。

インプラント治療成功のカギは医師選び

外科手術を依頼するのですから、上手なお医者を選ばないと
大変な目に合います。インプラントが合わなかったり
噛み合わせが悪い場合、再度外科手術でインプラントを
取り除かなくてはなりません。

ご自身でインプラントが必要だと考えているかたは慎重に
歯科医師選びをし、歯科医側から儲けの為にインプラントを
勧められた方は安易に乗らないというのがベストな
姿勢でしょうか。

ネットで検索していても、
「うちのインプラントはここが違う!」的な商売サイトばかり
でなかなかいい情報が得られませんが、騙されないように
気をつける必要がありますね。

にわかインプランター、アクトクインプランターという言葉が
この本には出てきます。アマゾンの商品説明しか読んでいませんけど。
簡単に儲かる!という言葉に釣られるにわかインプランターの技術が
高い筈がありませんね。

歯は残したほうがよいけれど全ての人がそうできるわけではありません。
どうしてもインプラントした方が良い場合はとにかくドクター選びが
最重要課題です。

インプラントのメリット、デメリット

メリットはあごの骨にねじで埋め込むので普通の歯と同じような
かみ合わせを期待できます。しっかり力がはいって物が
噛めるということです。

それから素材の技術が進んでいるので見た目に良いというのも
大きなメリットの一つです。

デメリットは費用がまず高いこと。保険無しの実費で相場は
30万からとなります。

歯周病にかかったり、土台の顎の骨の状態が悪くなるとインプラントした
歯がぐらついて再び手術で取り除かなくてはいけません。

体は日々老化していきますから、身体のどの部分であっても
今と同じ状態がずっと続くわけではありませんよね。

インプラントをどれだけ維持できるかは先ほども述べましたが、
いかに口内を清潔に保つかにかかっています。

しかしそもそもインプラントが必要になる方は歯の衛生管理が
苦手な方が多いのではないでしょうか。

歯槽膿漏になってしまうと厄介です。昔は入れ歯にするのが
常識でしたが、今はインプラントできるように骨を再生する技術も
あるようですが、不安は消えません。

インプラント技術が向上しているのは確かですから、歯科医選び
さえ間違えなければとてもいいことはわかっています。

インプラントのメリットをネットで検索するとインプラントをやっている
病院ばかりが出てきて実際にやって満足している個人の情報は
なかなか見つかりません。

友人知人の方でインプラントをやって満足している方からの情報で
病院を探すのが一番だと思います。

年齢が若いうちにインプラント!に疑問

歯周病で歯茎が下がったり土台のあごの骨の状態が悪かったりで、
年齢を重ねてからのインプラントは断念しないといけないことも
あるそうです。

儲けの為にそういう方にもインプラントする悪徳医もいるそうです。

人間いつまでも若いわけではありませんから、インプラントした
土台がどんどんだめになっていくわけですね。そうすれば
インプラントが土台に耐えられなくなる日も当然来るわけです。

そういう勧め方は今の事しか考えていないのではないかと
心配になります。

いつまでも健康でいられる保証はありませんし、認知症に
なってしまうかもしれません。そうなって歯の衛生管理が疎かに
なり、インプラントがぼろぼろになった時は悲惨なことに
なりそうな気もします。外科手術で付けたインプラントは
外科手術でとらないといけませんからね。

インプラントで使われるチタンと人体の親和性

現代のインプラント技術はスウェーデンの
ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授が発見した
チタンと骨の結合性から端を発していて、本格的にインプラントが
治療に用いられるようになったのは1960年初頭。

チタン製のインプラント治療は1983年に東京歯科大学で
行われたものが最初のようです。

金属を体内に埋め込むことにあたってもっとも心配なのは
金属アレルギー反応です。

金属から金属イオンが溶け出し、それがたんぱく質と触れると
皮膚が炎症を起こします。

チタンはイオンとしてとけだしにくいので、塩水にも溶けにくく人体に
アレルギーを起こさない金属として有名です。

ですが、チタンは高価なうえに加工がしにくく強度もさほどないので
チタン合金が使われています。純粋なチタンではないわけですから
100%アレルギーが起こらないとも言い切れないわけです。

おわりに

インプラントに関して否定的な意見ばかり書きました。

技術そのものは素晴らしいのですが、儲け主義で抜かなくてもいい歯を
インプラントしたり、土台の弱いお年寄りにも無理やりインプラントをしたりという
不誠実な歯科医の話を身近でききました。

高額ですし、生命を維持する上で最も大切な”食べる”という行為に関わる
歯のことなので慎重すぎてもおつりがくると思います。

失敗した場合相当の後悔が生じると予想されるので
是非、否定的、後ろ向きにインプラントを検討して頂いて、
最終的な判断をお願いいたします。

歯のホワイトニングについての記事


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る