名刺はプライベートでも作っておくと人脈作りに効果あり

名刺作成

超落ちこぼれ中年社会人のランディーです。
今晩は。

会社が傾きかけていますけど、毎日能天気に楽しく生きています。

何かの邦画で名刺でゲームをしているのを見た記憶があります。
2手に別れ交互に出した名刺の強さで勝負を決める。
相手より良い会社、良い役職だったら勝ちだった気がします。

けしからんゲームです。こんなゲームをされると私の名刺は
戦力外で永久に使われないことでしょう。

名刺の歴史を探求してちょっとだけ知的になってみる

朱然の墓

中国三国時代は呉の武将朱然の銅像です。
安徽省 馬鞍山市の朱然文化公園にあります。

名刺の起源は中国にあり~そしてドイツ、日本へと

呉の初代皇帝となる孫権と学友だったことで晩年まで重用され
続けたちゃっかりものであります。

その朱然の墓が1984年にディスカバーされ、名刺も一緒に
発掘され、これが最古の名刺とされています。

実力なさげなのに孫権に可愛がってもらっていたため
同僚にも嫌われていた可能性がありますね。

根回し、裏工作の賄賂の中にそっと名刺を忍ばせておいたのでしょうか。

時代はずっと後になり、1400年代、ヨハネス・グーテンベルクが
活版印刷技術を発明して聖書を刷りました。

これ以降にドイツでも名刺が広まりました。
宗教パワー恐るべしです。

江戸時代に日本でも名刺が使われるようになりましたが、
ドイツと同様、訪問時相手不在で置手紙の代わりのように
使われたらしいです。

社会人なら当然?日本の名刺マナー

名刺交換失敗談

名刺は相手に向けて出すとか教えられなくても分かりますよね。
間違えて自分に向けて出すことはあるかもしれませんが意図的に
やる人って日本人なのかしら。

文字に指がかからないように出すのも当たり前。
役職が低い私は役職を指で隠して先方に渡していますが。
社名も恥ずかしいので隠すときもあります。

【恥ずかしい名刺交換の失敗談】

決して私の失敗談ではありませんからね!

★屋外で渡そうとした瞬間に風邪に名刺を吹き飛ばされ
それを先方さんがキャッチしようとして下さり激しい動きを
したらズラがずれた。

★間違えてキャバクラの名刺を出してしまい相手に
「女の子みたいなお名前なんですね」といわれてしまう。

★間違えてアメックスセンチュリオンカードを渡してしまう。

いやーみなさん豪快にやらかしちゃってくれてますね。

アメリカの名刺(ビジネスカード)のマナー

アメリカ名刺

名刺交換時のマナーみたいなものはヤフーUSAで探してみましたが
見当たりませんでした。

ビジネスカードをビジネスにいかに有効に使うか。
文字の大きさや書体、どこに名前やロゴを入れるべきかなど
相手にどうやってインパクトを与えるかに焦点を置いていますね。

財布の中にいれて皺になったカードを相手に渡すなとか。
こういうことがニュースサイトなどに書いてあると
日本ほど名刺が重要でないことがわかります。

渡すタイミングは出会って最初でもいいし会議の中ほどでもいいと
曖昧なようです。

会社の名刺とは別にプライベートの名刺を持つ理由

プライベート名刺

会社だけのつながりでこの先何十年も生きていかないといけないのは
正直つらいです。

そして退職すると人間関係もそこでストップしてしまうかも
しれません。

その会社もいつまで倒産せずに存続するか分からない行き先が
澱んだ川のように不透明な時代であります。

特に私はバツイチ子なしの再婚願望もありませんから
趣味やサークル活動でお友達の輪を広げる努力を
日々怠ってはなりません。

メールアドレスと名前と特徴などを簡単に書いたカード
1枚渡すだけでもぐっと相手の懐に入れたりします。
胸ポケットに収納されれば文字通りとなります。

関係のない人に会社の名刺を渡すことは社会人として
慎むべきです。悪用される恐れもありますしね。

しかし個人情報を与えすぎない個人の名刺で
あればどんな相手でもコミュニケーションツールとして使えます。

人はやはり人との出会いで成長したり幸せになっていくのだと
最近つくづく思うようになってきました。年ですね。

町の印刷屋さんはどうなるのか心配しながらも名刺をネットで注文

地方の印刷屋さんはネットで注文できる大手には太刀打ち
できないでしょうね。

相手の会社に出向かずデザインを全てネット上で簡潔させて
注文できしかも安いとなると親戚でも居ない限りパンフレットや
名刺を地元の印刷屋さんに頼むなんてことしませんよね。

ビスタプリント

私は↑を使って名刺を作りましたが、ロゴメーカーなどで作ったロゴや
写真もアップロードでき、文字の大きさや場所などもブラウザ上で
簡単にそうさして作り上げられます。

3分で適当に作ってイメージのプレビューを見ると
このようになります。

名刺プレビュー

これ私の手ではありません。実際に手に取った感じは
こんな風になりますよ的プレビューです。

凄くないですか?
完成させて一回送ってもらったら原稿は保存されているので
再注文も簡単です。

因みに↑で適当にテンプレートから作ったものは100枚
780円です。送料500円加えても格安です。

凄い世の中になったものだなーと感心しつつ、
資本力のある大企業だけが残っていく社会になってしまうのだな
と感慨深くなるのでした。

個人でサバイブすることを本気で考えていかねばなりませんね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る