中年一人暮らしで孤独死確定なのに全く孤独感を感じない私は異常なのか

当然ですが上の写真は私ランディーではありません。
この男性は後ろから見てもイケメンですね。

私は360度どこからみてもブサメン中年です。

いくつになっても孤独感を感じません

別に私は人間嫌いではありません。加齢と共にやはり一番要なのは
物じゃなく人だなと思うようになっていますし、人との関わりを
大切に考えています。

散々な結婚生活でしたので離婚後は解き放たれたようで快適です。
その快適さが家事が得意なこともあり継続されています。

人前で歌うことは嫌いですが余裕で一人カラオケに行きますし、
焼肉や飲み屋にも一人で行くときは一人で行きます。

先日はフィリピンパブに英語の勉強をしに一人で行ってきたのですが
友人からそんなとこ一人で行くなんて考えられないと言われました。
そんなとこ徒党を組んで行くほうが嫌です。心底はじけられないし。

旅行もできれば独りで行きたい。特に海外は誰にも頼らず
誰にも頼られない自由と冒険を独り占めしたいのです。

無理に孤独でいるこを好きになろうとかではなくこちらの方から
孤独ラブなわけです。孤独も私を愛してくれているようにさえ
思っています。

それは強さとは無縁で単にそのような性質であるだけです。

孤独が男を磨くとか一流の男は孤独を好むとか、色々
言われていますが、私は三流なので全く当てはまらない
残念な仕上がりになっております。

そして特に女性から残念な人ねえと言われることが多いのですが
何故か褒められている様でとても嬉しくなってしまいます。
褒められると返答に窮し戸惑うのですが、貶されると
にやけてしまいます。

世の中には寂しい人や孤独感を感じて辛い人が大勢いる?

孤独を感じないあなたは異常じゃない!という本や記事は
あまり見ないのですが、寂しさを解消する方法、
孤独感に打ち勝つ方法は数多く散見されます。

辛いことにはそれを克服するためのニーズが存在しますが、
辛くないことはクローズアップされにくいのではないでしょうか。

寂しいと感じる人も多いでしょうけれど、私のように平気な人も
大勢いて、そのことをことさらにアピールするの必要性は
ないのでその存在が世にあまりしられていない。

という認識であってますでしょうか。
そして私は正常ということでいいですか?

男性より女性のほうが孤独感や寂しい思いを抱きやすい?

この本を読むと女性として生きることの困難さがよく分かります。
男性社会は正社員から派遣にシフトしてきていることや
結婚しないという選択肢が新しくできたことを抜かせば昔と比べて
基本的に変わっていないと感じます。

専業主婦という在り方が崩壊した後の女性の生き方は劇的に変化した
と思います。周囲に引けを取らないレベルの結婚をしたいという願望は
持ち続けるもののいざ結婚すると共働きなのに家事と育児を全て押し付けられる。

キャリアのみを取った場合も男性ならのらりくらいと生きられるが
女性はふと仕事ばかりの人生で女の幸せはどうなのかと立ち止まる。

そのストレスを発散すべく買い物依存、恋愛依存、アルコール依存と
あらゆる依存性のあるものに走ってしまう。

女性の社会進出の歴史は浅く、そのストレスとうまく付き合う生き方が
まだ確立されていないように思います。

上野千鶴子さんの男おひとりさま道を読むと
男のお一人様の将来がいかに暗いかということとその対策に
ついて書かれておりなるほどと感心しました。

例えば老人ホームの中でも女性は編み物やなんかをみんなで輪に
なっておしゃべりしながら楽しそうに暮らしているのに対して
男性は一人ひとりが孤立してぽつんと所在なげに過ごしていると。

しかしその様子を見て男性かわいそうと思うのは早計ではないかと。
そのポツンとしている男性は実は楽しんでいるのではないか。

輪になって中味のない話をすることで共感と連帯を感じて幸福だと
思うより、一人で哲学的思考に耽っている方が楽しいかもしれない。

男女それぞれに自分が楽な方法で生きているのだからそれで
いいんじゃないかと思いました。

どうせみんな死ぬのだから自分らしく生きるのが一番ですね。

無邪気な子供をみていると、この子もいずれ死なないといけないのか
と思いかわいそうで涙だでそうになります。
自分のほうがずっと早く死ぬのに物凄く間抜けです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る