コンプレッションウェア(加圧シャツ)で中年の体は引き締まるのか?

コンプレッションウェア

私脱いだら凄いんです!こんばんは。ランディーです。

ドン引きの方で。水難の相がでているので季節に関係なく年中
浮き輪をつけています。

このような慎重な性格はそろそろ改善しないといけません。
腹回りの浮き輪をなんとしてでもとろうと年中考えています。

コンプレッションウェアって何ですか?

コンプレッションは英語でcompression 圧縮のことです。
自動車でコンプレッサーといえばカーエアコンの中にある機械。
空気を圧縮して冷たい風を作るのですね。

コンプレッションウェアなら圧縮服ですか。
身体を圧縮することで何がどうなるというのでしょうか。
デブがスリムになれば言うことは何もないのですが・・・

どうやら服をつかって体に圧力をかけることによって
筋肉の動きをサポートすることにより無駄な動きを減らし
スポーツ選手なんかには怪我の予防になるとのことです。

どうりでアスリートの方々がぴっちりしたトレーニングウェア
を身につけていることにも合点がいきました。

コンプレッションウェアの効果効能とそのしくみを動画で解説

ビデオはコンプレッションウェアのパイオニアであるスキンズのものです。
スキンズはオーストラリアを拠点に世界展開しています。
そもそもは飛行機での長距離移動で疲れないようにするウェアの
開発に端を発しています。

重要箇所をまとめてみます。
コンプレッションウェアを着ることにより

①筋肉の栄養となる血液の酸素量を増やす
②血中乳酸の再循環を促す 
③筋肉のサポート

2に関しては疲労を感じる原因である乳酸を蓄積させず
再び筋肉の燃料として循環させるということでしょう。

SKINSの動画ですので他の類似品と比べてスキンズ製品のほうが
血中に酸素をより多く運べるとアピールしております。
このことにより血流も活発化する。

0:40から始まる画像では他社類似品と比較して乳酸の残り方を
示しています。画面左がスキンズ製品。
筋肉周辺の乳酸が血液に取り込まれて循環していく様子がわかります。

筋肉のサポートに関しては押さえつけることによって筋肉を
均一化して運動させることになるので怪我を防止できるであろうことは
アニメーションにより分かりやすいです(0:56~)

いや~実によさげであります。

アマゾンで買えるSKINSのトップス。
デスクワークでの肩こりが軽減されたというレビューに
食いついてしまいました。上だけでいいので欲しいです。
しかし高い!サイズによって9000円~15000円ほどします。

女性は太い足で悩んでいらっしゃる方多いですが、男性は足細い
ですよね。ランディーも足は細いです。ですからトップスだけで
いいですよね?

そしてやってしまったテニス肘のサポートでどうしても長袖がいいです。

2XUのコマーシャル動画は見入ってしまう

2XU(ツータイムズユー)もSKINSと並んで高級な
コンプレッションウェアのラインナップがあります。

ハードな運動をしても早く回復できる製品作りを心がけています。

SKINSの商品は運動時のものと回復時のものが別れていたり
しますが上のツータイムズユーはその両方に対応している
オールマイティーモデルとなっています。

SKINSが類似品と呼んでいる他メーカーのもの

アンダーアーマーコンプレッションステルス。
ステルスというのは隠密という意味で戦闘機なんかが敵のレーダーに
ひっかからないことですが、このモデルさんのある部分に注目
せざるを得ず、どこがステルスなんだ!とつっこみたくなりますね。

2000円~ということで高校生の部活で使用されている方が
多い印象をうけました。レビューでは涼しいとか動きやすいとか
が多くダイエット目的のものはありませんでした。

InField 加圧インナー 補正下着 姿勢矯正 ダイエット  
着圧 コンプレッションウェア シャツ

こちらは商品名にダイエットの文字が。
230を超えるレビューで4星商品です。

「全米TV通販で大注目!」とあります。
探してみたのですがその通販動画は見つかりませんでした。

レビューで面白かったのはがっちりおデブな男性がこのインナーを
着ていると何かスポーツをやっていたのか聞かれるのだそうです。
でも脱ぐとだらしない中年の体が普通に露呈してしまうとのこと。
痩身効果も一ヶ月やそこらでは分からないがお腹が少しへっこんだ
ような気がするということです。

正直でありがたいレビューでございます。

着ているだけで痩せられるというのはないのではないか

コンプレッションウェアを着て運動すれば効率よく痩せられるのだ
と思います。

着ているだけで痩せられるのであれば10万円であっても買います。
そんなうまい話は世の中にあろうはずがありません。
運動の補助器具と考えるのが一番でしょう。

やはりダイエットには食事と適度な運動に勝るものは未だないのです。
はやくそれ以外の手軽でお金のかからない方法を賢い方に考えて
もらいたいものです。

圧縮ついでに加圧トレーニングについて

加圧トレーニング

腕や足を専用のベルトで締め上げ、血流を制限し軽い負荷でトレーニングを
し成長ホルモンの分泌を促して高付加のトレーニングと同等の結果を
だすのが加圧トレーニングです。

佐藤義昭さんという方が考案されましたが、世界でもkaatsu training
として知られています。同じ日本人としてランディーまで誇らしいです。

上の写真のように皮膚の色が変わるくらいきつく締め上げなければ
効果がでません。

心臓に大きな負担がかかると思います。決して自己流で自宅で行わないで
下さい。加圧トレーニングの専門トレーナーについて指導者の元で
やるのがよいでしょう。

体に多く異常が見られてくる中年には適さないトレーニング法がと
私は感じてしまいます。

ヤフー知恵袋には加圧トレーニングをやって脳梗塞を発症してしまった
40代後半の男性の文章を読みました。

他にもネットには色々加圧トレーニングの危険性について書かれたものが
あります。その真偽はおいておいて、トレーニングによってそのような
危険性があるのであれば従来の普通のトレーニングをしておいたほうが
賢明といえます。

スリムな体と引き換えに病気になってしまうのでは元も子もありません。
今のままメタボでいいやとも思えてきたランディーがコンプレッションウェア
についての情報をお届けいたしました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る