カシミヤコートの手入れ。豚毛ブラシで快適に着こなす。

カシミヤコート

襟の形は違うのですが、この丈の黒のカシミヤ100%コートを
Vネックのセーターを物色しに行ったのに綺麗な女性店員の方に
まんまと買わされてしまったランディーです。こんばんは。

ハリスツィードのチェスターコートの他にもう一着あっても
よいと思っていたのでそれはよかったのでが・・・

その店に行く途中のエスカレーターでの出来事です。
カシミヤコートのお手入れのお話の前に少しだけ付き合って下さい。
女性4人と一列に2段飛ばしずつ位で乗り合わせていたのです。

カシミヤの手入れ

先頭の女性が1歳位の女児を抱っこして上っていきます。
その次が5歳くらいの女の子。そして最後が3歳くらいの女児。

最後の女の子とほぼ同時にエスカレーターに乗り込んだのですが
その子がバランスを崩して転びそうになったので両肩をホールド
する形で支えてあげました。

女の子は「お前だれ?」みたいなポカーンとした顔をしていましたが
次の瞬間4,5段上にいる五歳くらいのお姉さんが
「あと二段昇れ!」とこちらを見て言っています。

親切この上ないランディーが妹の肩に触れている
場面だけ発見して気丈にも必死に守ろうとしています。

振り向きながら言っているお姉さんでしたが頂上についてしまい
こんどはその子がバランスを崩して転んでしまいました。

ランディーの位置からは距離的に無理でお姉さんが転ぶのを
防ぐことはできませんでした。

ものの数十秒の間に妹が転びそうになり、それを私が助け、
姉は不審者から妹を守ろうとし、そして自らもずっこけるという
ドラマが展開されました。

しかし驚いたことに子供を抱いた母親は一回も振り向かず
頂上につくとすたすた歩いて行くのです。

ずっこけたお姉さんもすぐ立ち上がり妹さんの手を引いて
逃げるように母親の後を走ってついていきました。

ランディーは全ての女性を愛しているのに思いは全く伝わらず
ついには5歳女児にも嫌われるという残念な出来事でした。

いくら乳児を抱っこしているとは言えあんなちっちゃい子達を
見守らずにエスカレーターに乗るのはよして下さいと思いつつ
たくましく育つのならいっか?とも思いました。

全然カシミヤの話にならないのですけどどうしたものですかね。

カシミヤとは?そしてその特性

カシミヤ山羊

まあ、かわいい。カシミヤ山羊さんです。
中国を中心にインド、パキスタンなど中央アジアに生息しています。
1頭から取れる毛が500g以下と少量なので高価となっております。

毛触りがよくコートもとても軽いのに暖かいです。雨や雪には
弱いので水に強いハリスツィードのコートと使い分けようと
思います。

お手入れは豚毛のブラシでブラッシングするだけ

タグにも書いてありましたが、クリーニングに出す場合は
信頼の出来る業者に出して下さいとのこと。

コートは服の最後に羽織るものであるし、コートを着たまま
食事は普通しないので汗や食べ物による汚れはつきにくい上、
裏地には化学繊維が使われていますから内外ともにあまり
汚れないのだそうです。

ですからほぼブラッシングだけで毛の表面についたほこりだけ
除去しておけばよい。

英国王室御用達ということで6000円近くしますが、カシミヤ製品
をお持ちであれば一本持っていて損のない商品です。

靴のお手入れのブラシ類はこちら

カシミヤコートのキャメルもカッコよいが色合わせが難しい

カシミヤキャメル

私にはこのモデルのシャツとコートの色が合っているようには
思えません。そのかわりコートの色と肌の色は合っています。
同化してしまうのでこれまたよろしくない。

冬はコートが絶対必要なのでインナーに何を着ていようが
最終的に羽織らないといけなくなります。

ですからいくらでも洋服があってあわせ放題であるか、
色あわせに自信がある場合を除いてやはり黒がお勧めです。
中にどんな色を着こんでも黒なら合います。

ランディーのようにいつも同じ格好をしていて、
「あの人映画みたいにワードローブに同じ服いっぱい
つるしているのかなー?」
と思わせといて実は1着しかもっていない。そんな方は
絶対黒です!

そして店員のお姉さんにも言われたのですが、葬式などでも
着られるのでやはり黒がいいです。

このモデルさんのものよりもうちょっと濃いキャメル色の
コートはとても上品で欲しくなってしまうのですが、
高価なものなので自分のファッションセンス及びワードローブと
相談して慎重に決断したいところです。靴の色との相性も
見ないといけませんしね。

カシミヤのコートに合う上品なVネックセーター

中年ともなると体のしまりもなくなり丸首だとだらしない感じ
がします。カジュアルでも襟の付いたシャツにVネックのセーターが
無難なチョイスとなります。

このモデルさんまんまの色使いの上に黒のカシミヤコートが
素敵ですね。

私の買ったコートはアマゾンにはないのですが、
これに非常に近いです。値段も丈も。

カシミヤのコートを虫食いから守る

カシミヤのマフラーが虫に食われてぼろぼろになったことが
あります。マフラー位なら許せるのですが、コートなら
半泣きどころか全泣きです。

男の中の男ランディーが時々覗き見しているがーるずちゃんねる
では石鹸をいれると防虫効果があるとか、圧縮袋に防虫剤と一緒に
カシミヤ製品をいれている話など伺えました。

しかし防虫剤は空気の空間が必要だそうで圧縮袋はどうなのかなと
疑問に思いました。虫が入ってない状態で密封すればOKですが
虫が入ったまま密封するとどうなるのでしょう。

空気がないからすぐ死んでしまうのでしょうか。
それとも服の中にある空気で生き残り、どうせもうすぐ
死ぬのなら最後の晩餐とばかりに食いまくるのでしょうか?

いずれにせよ私は圧縮袋をもっていないのでこちらを
購入しようと思います。

コート入れられる大きさのものが3枚入って500円は安いです。

ということでrisalisa様いかがでしたでしょうか。
タイムリーにカシミヤのコートを買った直後でしたので
この記事になりました。

いつも適当に書いているので今回もこんな感じになって
しまいました。申し訳ございません。
お叱り受けますのでまたコメントくださいね♪

初の読者様のリクエストにお答えしてのエントリーを
ランディーがお伝え致しました。

ありがとうございます。
以上カシミヤコートのお手入れに関するエントリーでした。


関連記事

コメント

    • risalisa
    • 2016年 12月 07日

    ランディー様

    繁忙期なのにリクエストにお応えいただき、
    早めのクリスマスプレゼントのようで
    とってもとっても嬉しいです!

    まるで、少し早めの
    クリスマスプレゼントみたい♪
    ありがとうございます。

    すべての女性(特にお若い女性)を
    愛するランディーさんは、
    やっぱりお洒落さんだと
    今回ますます確信しました!

    ランディーさんのブログは
    ウィットに富んでいて
    思わずフフフっと笑い声がこぼれてしまいます。

    これからも楽しみにしています♪
    ありがとうございました。

    • kizoku
    • 2016年 12月 07日

    risalisa様

    嬉しいお言葉ありがとうございます。

    そんなに喜んでくださると書いた価値があります。
    こちろのほうこそありがとうございます。

    はい、70歳くらいまでの女性をお姉さんと呼んでいます。

    いやー外でも大したことはありませんが、部屋ではとんでもない
    格好をしているのですよ。

    そこらへんの女性よりずっと冷え性なのでドラッグストアで
    購入した女性用レッグウォーマーが手放せない
    男の中の男です!

    贔屓にしてくださってありがとうございます。
    risalisa様のお陰でモチベーションがあがります^^

    ランディー

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る