配偶者控除廃止はいつからなのかわかりやすく解説して!

もしも夫婦だったら

素敵な結婚生活送られていますか?
バツイチ子なしのランディーです。こんばんは。

配偶者ってことで夫婦っぽい画像を探していたら上のものを
見つけました。なかなか面白いジョークです。

「もしあなたが私の夫ならコーヒーに毒を盛るわ」
「もし君が僕のワイフならそのコーヒーを飲むよ」

男性はお前と結婚してしまったらしんだほーがましーということ
ですが、こういうウィットに富んだ会話ができるようになりたいです。

配偶者控除廃止の時期は?

バツイチで配偶者がおりませんので
関係ないといば関係ないのですが、日本経済が配偶者控除廃止で
どうなっていくのか興味があるので大嫌いなお勉強をしてみましょう。

女性の社会進出促進!ということで政府与党は2016夏の参院選に
勝利したことで棚上げしていた配偶者控除の見直しを再び見直す
ことになりました。

廃止は早ければ2017年1月から、そうでなければ2018年1月
からというのが濃厚なラインです。

103万円の壁崩壊はベルリンの壁崩壊レベルの出来事となるか!?

103万円の壁
すみません。そんなわけないですね。いつも大袈裟ランディーです。

奥様の年収が103万以下の場合、旦那様の税金で配偶者控除が受け
られます。所得税65万円と住民税38万円の控除。というわけで
103万までなら奥様が働いた分はまるまるゲットだぜ!
ということなのですね。

詳しくないのですが奥様の年収が150万を超えないと
家計全体の手取りが増えないみたいなので、
149万までは103万の働きと同等ということで
この無駄をカットするために皆さん働き方を調整されているわけですね。

この差額46万円は大きいです。月にすると約38000円。
自給1000円なら38時間分。こう考えるととんでもなく非効率。

月に38時間もただ働きだなんてマザーテレサもしかめっ面をする
でしょう。尤も彼女はキリスト教布教の広告塔だったという話も
ありますが・・・時の流れに身をまかせたのでしょうか?
あっ、それはテレサテンでした。

配偶者控除廃止のかわりに夫婦控除ができる?

その控除がなくなるというのですから、専業主婦廃止で最低200万
位は外に出て稼いで来い!ってことなんですか?

かわりに夫婦控除なるものも検討されていますが、税制改正の目的は
税収アップしかありませんからこれまでより多くとられる人が
増えそうです。家計悪化で夫婦削除とならないことを祈ります。

そして女性の社会進出が促進されると今より益々少子化が加速し
未婚率も増え人口減少がとまらなくなりそうです。

女性の進出のために隅に追いやられる男性がでてくることも
当然必至です。

男性の稼ぎも減る一方なので、ランディーのように男性も女性も
異性に頼ることなく一人で生きていく覚悟がも必要な時には
必要な社会になってしまいました。

生き方の多様性ってやつですね。

配偶者控除廃止でさらに少子化が加速していく

安部首相は2013年の日本の成長戦略スピーチの中で
「労働人口の減少が経済成長の抑制要因となっている我が国において
活用し切れていない女性の人材をうまく使っていくことが持続的成長
に不可欠である。」

というようなことを仰っていますが、経済の持続的成長には
少子化問題の解決こそが望まれるもので、女性の社会進出はさらなる
少子化への後押しであるようにも思われます。

そしてこのまま男性が積極的に育児に参加しないのであれば
離婚率ももっと上がるのではないでしょうか。

待機児童問題を解決せずに女性の社会進出を促すと・・

そもそも待機児童問題は共働きの機会が増えたこと、つまり
女性の社会進出によってもたらされた問題です。それも
積極的に働きに出ているというより経済的に働かずを得ない
という理由が多いはずです。

待機児童問題は田舎ではなく都市部で起こっていることですが
さらなる女性の社会進出促進でより大きな問題となってくる
ことでしょう。

夫婦、家族単位で地方に移住という選択を真剣に考えないと
いけない時に来ていると思います。都会をすてることが
生き延びるチャンスであったらり豊かに生きられる希望
なのかもしれません。

子育て世代の女性が家事も仕事もこなすのは大変すぎる

女性につらい社会だなーと思ってしまいます。
イクメンとかいって男性の家事参加が啓蒙されていますが
それで助かっている女性が多くいるとは思えません。

自分で家事には積極的に参加していると自負してる男性の奥様でも
うちの夫は何も家事をしてくれないと思っている可能性が非常に
高いです。

子供のお手伝いレベルで「俺家事めっちゃやってる!」と勘違い
している実家暮らしから結婚に至った男性は多いそうです。
主体的に家事をする経験を積んでこなかったので当然のことです。

そして奥さんも仕事をしているのにまだまだ家事は女性がするもの
という昔の考えを個人も社会も根強くもっていたりします。

家にいながら効率よく稼げるお仕事や副業を・・・

奥様がするか、もしくはあなたが仕事が終わってからやることによって
子育て世代でも幸せに暮らすことができます。

奥様が外に働きに出ず自宅で仕事ができれば子育てや家事と
平行してできます。

奥様は完全専業主婦として子育てと家事をしっかりやってもらい
本来奥様が稼ぐ筈だった収入分をあなたがやはり自宅で副業することに
よって得る。

このようなことができれば家族の触れ合いを減らすことなく
収入を手にすることもできますね。

いよいよインターネットビジネスをはじめないといけない時代になりましたよ!

今すぐにはじめられなくても、隙間時間を利用して少しでも
学んでおくと転ばぬ先のスティックとなり将来の保険としての機能を
果たしてくれるに違いありません。

そういう意味合いも理由の一つとしてランディーは今日もカタカタ
ブログをタイピングしているのであります!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る