世界一危険な都市サン・ペドロ・スーラに脳内旅行(ホンジュラス)NO6

世界一危険な町サンペドロスーラ

分厚いガラスの外側でアイス食べながらジンベエサメを観察するように、
凶悪な都市には行かずしてビールでも飲みながら冷や汗や緊張感フリーで
動画で楽しむに限ります。

セルベッサ!ランディーです。こんばんは。
行ってないのに行ったふり。あなたの彼女も奥さんも。
脳内旅行第6回目でございます。

バイクで10分ほどサンペドロスーラ昼の市街地を散策

中央アメリカでニカラグアと最貧国争いをしているホンジュラス。
首都はテグシガルパですが、経済が一番発展しているのは
ここサンペドロ・スーラ。日本の3分の1ほどの面積に800万人
住んでいます。

2013年の一人当たりGDPは2300ドル弱で国のGDPも
185億ドルということでうぃきぺでぃあによると鳥取県と
同規模だとのことです。

人口74万で商業都市の規模は1位のサンペドロスーラですが、
動画の通りの寂れ具合となっています。

国土が狭いにもかかわらず、高いビルが見られないのでずっと
経済状態が悪いままなのでしょうね。ビルが建てばよいという
ものではありませんが・・人口が少ないせいもありますね。

動画4分頃に登場する、道路のど真ん中で肩車ジャグリングをはじめる
若者。バックのラテンミュージックがポップなのでせつなさを
感じてしまいます。飲んでるビールがほろ苦いです。

いやー、こういう動画をみているとどこでもドアで現地にすっとんで
10分間だけバイク乗り回してきた気分になりますね。
いい時代になったのでしょうか?

戦争下の都市以外で一番危険なギャングに支配された町サンペドロ・スーラ

アメリカに密輸されるコカインの80%がホンジュラスのサンペドロ・スーラ
経由で入ってくるため熾烈なギャング間闘争が日々勃発しているのです。

危険な住宅地域の住民は家を捨て、より安全な地域に逃れています。
人殺しが起こっても目撃者は報復を恐れて通報しないので、なんと
97%の殺人事件が未解決となっています。

殺人を犯しても捕まる可能性が僅か3%。
あいつが犯人だ!と分かっていてもギャングの報復が怖くて
通報できない。

「ここはイラクでもアフガニスタンでもないが別の戦争状態にある」
最初のナレーションでこう言われていましたが、そういう地獄なのです。

このドキュメンタリーのためにスタッフが滞在した1週間の間で
39人が殺害されました。冒頭のシーンは取材班がこの町に到着して
4時間後に起こった事件です。

病院も暴行、強奪が頻発するため武装した軍人に守られています。
瀕死のギャングにとどめをさしに来たりもするのでしょう。

身元不明の死体公示所で列をなしている人々。
これだけの人が日々殺されているということです。
殺される者の多くは15~25歳の男性だということですが、
なんらかの形でギャングとかかわりを持ってしまったのでしょう。

息子さんが殺されたけれど、彼が実はギャングであったという事実を
知らない家族もいます。家族のショックを考えて警察があえて言わない
ケースもあるからです。

学校から帰る時間怖いか?という質問に対して6人の子供が全員手を
上げるシーン。夕方五時はもう危険な時間帯なのです。

いつも無計画で書いているものですから、今回も観光気分でビール
飲みながらやっていたのです。二杯目に行くことなく完全に酔いが
醒めてしまいました。

子供もおらず無責任に生きているランディーですが、小銭がたまったら
無償で夕飯を提供する子供食堂でもやりたいというのが夢です。
子供が苦しんでいるのは本当に耐えられません。

こんな世界と全く無縁な高級住宅に住む人々


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る