ベルトをなめてはいないか。ベルト一本で引き締まる中年メンズファッション

ベルト黒

いらっしゃいませ。ランディーです。
いきなり質問で申し訳ないのですが、あなたはベルトを何本お持ちで
いらっしゃいますか?

0本!!??もしかしてあなたはルーズベルト大統領じゃありませんよね?
ベルトに全く無頓着で有名な?

ビジネス着用で3本、カジュアルで2本、計5本位が望ましいのでは
ないかと個人的に思っています。

革製品は休ませるとよい状態を維持できますので、毎日仕事で使うベルトは
3本くらいをローテーションさせるとビシッとした風合いを長く保つ
ことができます。

先ずはベルトの歴史についてお勉強してみましょう

ベルトは青銅器時代から存在していたとのことです。
中世ヨーロッパでは女性用よりも男性用として発達していきます。

19世紀中ごろから第一次世界大戦までは軍服において機能的、装飾的
な役割を果たしました。プロシアの軍隊では両サイドにサーベルを
さしましたがそれらを保持するためにも使われました。

軍服ベルト

軍服のベルトは↑のよう軍服の上からハイウエストに着用
するものでした。

1920年以前はこのようにベルトは戦争と関係があるもの
でしたが、1920年以降、ズボンにベルトループもつけられる
ようになり今日のベルトの元となりました。

アメリカなどの国では以前父親が子供の体罰にベルトを使う者が
大勢いてベルトは父親の権限の象徴でもありました。

ランディーは子供の頃、食事中よく箸で父に頭を叩かれていました。
子供をしつけるための道具は世界でそして各家庭で違うのでしょうね。

画像で確認!ベルトと靴の色を合わせるという基本

ベルトと靴の色

茶色のベルトに茶色の靴を合わせたファッション例

はい、この全体の色使い、明日から丸パクリできますね。
さすがファッションショー。見事なものであります。
ベルトと靴をブラウンであわせて紺のスーツにライトブルーのシャツ。

ファッションショーの舞台の花道のことを英語でランウェイとか
キャットウォークといいますが、白ベースだと本当に衣装を引き立て
素敵ですね。

ランディーも行く先々でホワイトカーペットを従者に敷かせて
散歩できる身分に早くなりたいです。

茶色ベルト

こちらはいかがでしょうか?茶系のベルトと靴ですが、ベルトは途中から
ボーダー柄に変化しており俺ってお洒落だろうと語りかけてきますが、
もう少し太くて全部茶色のほうが良いと思ったランディーはまだまだ
お洒落初心者でしょうか。
自分ではお洒落上等兵位には思っているのですけど。
兵長を飛び級して伍長になるのが私の夢です。

黒色のベルトに黒色の靴を合わせたファッション例

黒ベルト黒靴

悪くはないですが、やぼったいですね。まあ、私の画像選択の
匙加減次第なわけですけど・・・
モデルさんがマネキンぽくてちょっと気持ち悪いです。
言いたい放題ですね。鬼畜米英仕様でございます。

はい、口なおし、口直し
セレブの服がかぶった

セレブの服が被っちゃった恥ずかしいシリーズでしょうか。
残念ながらどちらもどなたが存じ上げませんが、やはりベルトと靴を
黒で統一されている右の女性のほうがファッション的にきまっていますし、
容姿もランディー好みです。

ですが、左の女性も良く見ればワイルドスピードにでていた
エヴァ・メンデスさんに似ているじゃありませんか。
ちょっと水着になってもらわないと判断しかねるのですが・・・

もうどちらを選べばよいか分からなくなり優柔不断なランディー
なのですが、そもそもなんのために選ぶ必要があるのでしょう?
飲みながら文章を書くものではありません。

因みにブラックニッカを頂き物の銀座のジンジャー桜シロップで
割って飲んでいます。安いウイスキーはこのように飲むに限ります。

靴とベルトの色

「ヨーブラザー!ファッションチェックしてくれよ!」

かしこまりました。
ズボンはもう少しベージュ系の明るめのほうがよろしかったのでは
ないでしょうか。上の方のように紺のものでも良かったでしょう。

ベルトと靴の色もぴったりとまではいきませんが
微妙に合っています。ですが、ズボンの色まで似ているので下半身に
メリハリがでていません。そのくせバックルがHとやる気満々ですね。
申し訳ありませんが、10点中2点です。

本人が目の前にいないのでいくらでも辛辣になれます。
どれだけ言ってもころされないので気が楽です。

ということで靴とベルトの色を合わせる基本を再確認頂けた
でしょうか。

姫路産サドルレザーの柔らかい本皮ベルト

なめし革であるサドルレザー。ヌメ革との区別が曖昧ですが、同じ
ようなものだそうです。

このベルトを販売している店はTAVARAT(タバラット)。2014年と
新しいお店ですが、メンズのセンスの良い小物を扱っています。

ネクタイピンの記事でも書きましたが他にないタイピンや
ネクタイ、マフラー、財布など幅広く取り扱っています。

タバラットの35mm幅のベルトで重厚感を出す

ベルト幅が普通の30mmではなく35mmということでバックルも
大きめ。存在感があってスーツによく映えるでしょう。
また体の大きい人にも35mmのベルト幅はしっくりくるのでは
ないでしょうか。

タバラットベルト

バックルの裏に小さくmade in Japanの彫刻。目立たないところに
憎い演出です。

35mmと革の使用量が多いにもかかわらず13000円は
まさにバリュープライスといっても過言ではないです。

ビジネスユースなら1本は欲しいエッティンガーの黒ベルト

イギリス皇室御用達ブランドエッティンガー。
ランディーの財布はエッティンガーでその繊細な革のつくりに
ほれ込んでいますから、ベルトも一本欲しいところです。
メイドインイングランドでございます。

バックルはシルバーを使っています。主張しすぎないデザインなのに
シルバーというまさにいぶし銀仕様となっています。

24000円という価格は洋服の青山ならスーツ1着買えて5000円
お釣り来ますから、躊躇してしまいますが、我々中年はもちろん若者では
ありません。靴、財布、鞄、ベルトなどの皮革製品は良いものを
使いたいものです。

でもそうするとですね、スーツはそれ相応の物を着たい、シャツも上質のもの
ネクタイもネクタイピンをしてカフスボタンも、そしてソックスも下着も
よいものを。そしてどうせなら車もベントレーで住居はタワマンで
別荘は、愛人は・・・とならないように気をつけましょう。
そういう発想はただの変人かランディーです。

長沢ベルト工業のベルトがリーズナブルでコスパも良し

リーズナブルという言葉を耳にすると必ずシャア・アズナブルを連想して
しまうガンダム世代なものでして、ベルトも赤みがかったものを
チョイスしてみました。

長沢ベルト工業は東京都墨田区にある国産ベルトメーカーの老舗です。
国内の景気回復のためにもなるべく舶来物よりも国産品にこだわりたい
ところではあります。

日本製のしっかりした物造り、アマゾンでも大変評価の高いメーカーさんです。

財布やベルト、ネクタイなどはサイズは関係ないのでネットで変えるのは
大変便利であります。

ランディーは洋服買いに行くのが面倒でアマゾンをヘビーユースしてしまいます。
小物以外もバンバン買ってサイズがあわず失敗したケースも山ほどあって
最近では注意深くなってきております。

その点小物は失敗する可能性が低くよろしいですね。

良いベルトをゲットできたところでそれに合わせる
ジャケットの着こなしを見てみましょう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る