車のワックスがけはガラスコーティング剤でらくらくピカピカ!副業にも!

洗車ガラスコーティング

都会から地方に移住したランディーです。こんばんは。

すみません。もとから地方に住んでいます。
車社会で車がないと生活できない者です。

旧時代のワックス、カルナバロウのメリットとデメリット

カーワックスは蝋(ロウ)を主成分としますが、車のワックスで
ロウといえばまず頭に浮かぶのがカルナバロウです。

ブラジル原産のカルナバ椰子からとれるロウです。

カルナバ椰子

椰子の木ってアメリカ西海岸といいますか、南国リゾートといいますか
日常ではないどこかへランディーをいざなう魅惑の植物です。

カルナバ椰子の用途は広きにわたります。
その実は食用可能で、牛や豚などの家畜のえさ、はたまた
人間用のゼリーの材料になったりもします。

果肉からはカルナバ粉なるものが抽出でき主にブラジリアンの間で
料理に使われるようです。

種からは食用油ができます。また種をローストすると代用コーヒー
にもなるのだそうです。

カーワックスのカルナバロウは葉の部分から抽出されます。
葉はロウだけではなく帽子やバスケット、かばんなどにもなり、
ブラジルのおみやげとして売られています。
ブラジルオリンピックでも大活躍することでしょう。

そして木の部分はなんとシロアリに強いということで
建築材としても使われています。

カルナバロウの艶はピカイチだが室内展示向け?

カルナバワックスは磨いた後の輝きも素晴らしいですが
タバコの箱なんかをボディーの上に置くと滑って流れ落ちます。
あの感覚もワックスかけてやったぜ!という達成感を満たして
くれます。

ですが、時間をかけて施工したわりには効果が長持ちせず
大満足という結果にはなりませんね。

モーターショーやディーラーの室内展示場などでは
雨や風、砂埃などの影響がないためにカルナバワックスで
ピカピカに仕上げているそうです。実用性にはかけますね。

現在の主流はなんといってもガラスコーディング

ランディーはガソリンスタンドから届くチケットを使って
ガラスコーティングしてもらっているのですが、3か月もちます。
雨が降ってもしずくが全て下に滑り落ちるのでなんのメンテナンスも
3か月ほぼいらないです。

よいガラスコーティング剤を買って自分でできれば
チケットを金券(6000円分)に変えることができるのでそのほうがお得です。

3年間もノーワックスでいいガラスコーティング剤が1万円切っている!

私がガソリンスタンドにやってもらっているのは3か月もつガラスコーティングの
ピュアキーパーという一番安いものです。

Mサイズの車で約6000円です。
次のグレードが1年間もつクリスタルキーパーでMサイズ約20000円
その上がダイヤモンドキーパーで3年持続のM約55000円。
最上級がダブルダイヤモンドキーパーで5年M約80000円。

5年という時間はちょっといりませんね。買い替えていたり事故を
起したりするかもしれませんし。

ちょうどいい3年のガラスコーティングがMサイズなら2台分も
施工できるのがピカピカレインという商品です。

2007年の中古車BMWでもこの輝きと
水弾き効果。新車に見えますね。ピカピカレインを
使った個人の方の動画です。



本格派車ガラスコーティング剤

これMサイズの車だと半分あまっちゃうんですけど・・・
奥さんの車に施工してあげると2台分でこの値段は神!

いつも副業しろ副業しろとギャーギャーうるさいランディーですが
奥さんやパートナーがいない私やあなたは友人の車を残りの半分で
やってあげて「3年ガラスコーティング1万5000円ぽっきりでいいよ!」

とやると「ぽっきりじゃないけど安いから頼むわ!」とかとなり、
自分のコーティング剤を無料でゲットしたうえに5000円ゲットする
というダブルゲットな副業が成立します。

ガソリンスタンドにお勤めの方が自分の会社のコーティング剤を
使わずにピカピカレインを使っているという事実が先程あげた
ホームページ上に掲載されています。
その方曰くスタンドの物より物がいいんだとか。

私みたいなド素人にコーティング頼むのは少しひるみますが
このかたのようにプロの方にコーティングを頼むのは安心です。

失礼ながらガソリンスタンドの給料はたかがしれていますが、
この方が自分個人で営業したら市価の半値で交渉しても
1台あたり約2万5000円の利益がでます(コーティング剤
2台分で約1万円として)

月2台こなすだけで5万円も収入がアップします。

素人の私でも自分の車を自分で施工しピカピカな状態にしていれば
それが営業車になります。
「お前をロウ人形にしてやろうか?お前の車もこのようにしてやろうか?」
的営業をかけられますね。

というわけでピカピカレインはビジネスチャンスでもあるわけです。

マネーの虎で洗車事業をやろうとした志願者

元ガソリンスタンドアルバイトの志願者の方は875万円を要求していますが、
その内訳は移動式の洗車機が一台60万円×3台で180万円。
それを積む軽トラックが2大で80万円。ちょっとこれ意味不明です。
車3台ほど置ける倉庫を一月18万で3か月分=54万円。
ここまでで314万円。あとエアコンプレッサー、発電機そういうものを
含めて875万円とのこと。さらっと言った残りのそういうものというのが
561万円分もあるんですね。

本格的に職業としてやる場合はそれなりの設備もいるかもしれませんが、
アルバイトや副業してやる場合は何もいりません。

自宅で洗車スペースがあれば、手荒いで丁寧な洗車をして、ガラスコーティングを
して、終了したらそのまま届ければよいのです。

この志願者の方も一人でもいいからまず自分のお客をとって、
そのようにはじめていたらよかったのではと思います。

そしてニーズと利益を確信したうえで事業を拡大したいという理由で
志願していればお金は虎からゲットできたかもしれません。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る