クラッチバッグのすすめ。なぜセカンドバッグはダサいのか。

中年クラッチバッグ

こんばんは。ランディーです。
いつもどうもありがとうございます。

セカンドバッグがダサイ、許せないという方が世の中に
大勢いらっしゃいます。その救世主が最近流行のクラッチバッグという
ものなのですが、少し大きめの物ならアイパッドミニやマックブックエアー
なども入りますしオフで大変重宝します。

セカンドバッグがダサイ理由

女性にとってのバッグはファッションの一部となっています。
洋服に合わせたコーディネートをするために何個もバッグを持っている
女性が普通です。手に持つもの、肩からかけるタイプの物、いずれも
女性らしさがでるファッションアイテムです。

しかし男性の場合、ファッション的に見て一番の理想は手ぶらです。
持ち運ぶ必要があるときに使うのが仕事で使うビジネスバッグ。
これはどのスーツにも比較的合います。

比較的大きいサイズで取っ手を手で持ちぶら下げる。

このタイプがビジネスファッションにはしっくりくるわけですが、
軽くて便利だからという理由でセカンドバッグにすると、小さすぎて
スーツにも合いませんし、大切なものが入っているとどうしても
小脇にしっかり挟み込むので前傾姿勢で猫背気味になり、ハンチングなんかを
被っていようものならいかがわしい集金人といった風貌になってしまいます。

男性はファッションに応じてバッグを変えるというテクニックを
使う人は少ないですから、セカンドバッグ愛好家の方はどんな服装にも
同一のセカンドバッグを使いまわします。

それでチグハグの印象を人に与えてしまうのだと思います。
セカンドバッグを好む男性は機能重視で、ファッションなんて二の次
というという方が多いのではないでしょうか。

ですからもともとサイズ的に洋服には合わせにくいセカンドバッグを
ファッションに無頓着なかたが好んで使用することによって
そのダサさが極限まで高められているのだと推測します。

どうやらセカンドバッグを好む人のファッションセンスは低そうですが、
人間性を否定しているのではないのでその辺誤解なきよう
宜しくお願いします。

できる男は婚活ではあえてセカンドバッグを使用しよう!

ただ婚活パーティーで「セカンドバッグの男いた~」とか
女性にはけっこう笑われてしまいますので、ここぞという時の
セカンドバッグは控えた方が賢明だとは思います。

婚活場面では禁忌キッズなセカンドバッグです。

しかし、女性に媚びてまで結婚したくはない。むしろこのセカンドバッグ
ともども惚れてくれる女性でないと嫌だ、というように自分のポリシーを
貫くような方をランディーは支持します。

ですから婚活ではセカンドバッグを積極的に使うと、セカンドバッグを使用して
いるという理由だけで毛嫌いする心の狭い女性を一瞬ではじくことができますね。
そう考えるとセカンドバッグってもの凄い重要アイテムではないですか!?

たしかにセカンドバッグで人間性を否定してくるような輩とお近づきに
なりたいとは思いません。セカンドバッグダサいけど。

ガラスや鏡見つけるたびに髪型チェックする男性より、セカンドバッグを
愛好している男性の方が信用できます。

まあ、ランディーは髪が薄いので髪型気にする男性に嫉妬している
だけなんですが・・・

セカンドバッグを使用している男性は結婚相手としてあり!

私は再婚する気ありませんからセカンドバッグを使用して
お相手を篩にかけるなどというテクニックを使う機会も
ないことでしょう。

ですが、たまに女性の読者様もいらっしゃいますので
お伝えしておきたいのですが、セカンドバッグ持ちで
ファッションセンスのない男性は人間的に魅力があります!

まあそういう人間を私は一人しか知らないのですが、
高校時代からの親友がそうです。

ファッションに気を使わない分全て奥さんに気を使い
優しい旦那ですし優しい友人です。

たまに拙宅に飲みにくると奥さんの手料理を持ってきて
くれますし、食器を洗ってくれようとします。
悪いのでさせませんけど。

残念ながら結婚しても彼のファッションセンスは上がりません
でした。これは奥さんのせいでもあるような・・・

反対に言えば、婚前にファッションセンスがなくても
結婚後奥様が洋服選びをやって自分好みの色に染めれば
よいのだから、私服がダサくても問題ないのではないでしょうか。

そして服にお金を浪費しないよい旦那になりうるということも
婚活のシーンで分かるのです。

それを際立たせるのがセカンドバッグの存在です。
笑うのではなく、もしかしていい男かも?とこれからは
注意してみてください。

長袖ポロシャツをハイウエストでインしてツンツルテンの
ズボンをはいていなければセカンドバッグありサインです。

また例の如くクラッチバッグの話はどこかに行ってしまいました。
なぜなら書いているうちにセカンドバッグの魅力に気付いてしまったからです。
まあ絶対買いませんけど。再婚活もするきゼロですし。

中年には革のクラッチバッグがやはりかっこいい!

クラッチバッグワイルド

クラッチバッグの良さはこのように底をもって脇ではなく低い位置で
抱え込むことにより男性のワイルド感がほどよくでるところです。

中年の渋いダンディーな男性にはやはり革ですね。
このシップスの栃木レザーは中に仕切りもありますし大変
使いやすそうです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る