ガラケーがやめられない。ガラパゴスな私

ガラパゴス携帯

ダンディーです。いつもどうも。

上の写真はガラパゴス諸島です。世界遺産、エクアドル領
だったのですね。

2013年に新婚旅行中の夫婦の旦那さんがエクアドルで
強盗団に銃撃され命を落とした事件がありました。

世界遺産を見るのも命がけです。南米はカップルで行くところでは
ないようですね。

関係ない話はおいておいて、私のガラパゴス携帯である
東芝814Tの画面がいきなり真っ黒になって電源が切れる
事態が頻発するようになったので、思い切ってバッテリーを
アマゾンで交換しました。

古いガラケーのバッテリーもまだまだネットで買える

私が使っているガラケーは東芝ソフトバンク814T。
2007年の携帯電話です。もう9年間も使っていることに
なります。

電話代は月々4000円前後ですね。
多分2,3年前にバッテリーを変えた時はソフトバンクのショップで
やったと思います。

こんな古い携帯のバッテリーが今もショップにあるのかどうか
店に行くのも電話をかけるのも面倒だったので、アマゾンで
検索してさっさと購入したら翌日送料無料で届いたので
本当に良い時代になりました。

まあその裏では宅配業者さんやアマゾン工場勤務の方々が
辛い思いをされているわけですが・・・

さておき、あなたがお使いの古いガラケーの電池パックも
ネットではまだまだ買えると思いますのでまだまだスマホに
しなくても大丈夫です!

世界的にスマホの売上が鈍化してきている

2016年1月に米国アップル社はiPhoneの出荷の伸び率が
過去最低であることを発表しました。

スマホの普及が一巡したのもありますが、中国を含め世界経済の低迷も
当然リンクしていると思われます。

日本ではスマホの20代~30代までの所有率は余裕で
80%を超えており、50代から50%前後となっています。

換言すれば、ガラケーと比べて全ての面でお金がかかるのに
年収の低い世代での所有率が高いということ。

スマホ自体が高価なうえに月々の通信費としてもガラケーの
倍したりします。

年収1000万円は幸福か

年収1000万円を超える人は日本で5%未満と言われています。
丁度1000万だと手取りは700万位だそうです。

サラリーマンの場合ですと、超一流企業に絞られますから、
このクラスの年収の方は家庭を顧みず激務に没頭されている可能性が
高いです。

そうなると、ここまでやっているのに手取りでたった700万円か!
という不満もでてくるわけです。それ相応のライフスタイルも維持
しないといけませんし、出費も多いでしょう。

自分のやっている仕事の対価が正当ではない!
このように感じるのも当然だと思います。

1000万稼いでも不幸に感じている人がいるのです。
私を含む95%の1000万稼げない人もしかり。

このように人間は報酬を得ることに対しては非常にシビアな
生き物です。

スマホはその価格に見合うものを提供してくれているか

では支払についてはどうでしょうか。会社から差っ引かれる各種税金や
各種公共料金、新聞代、NHKの受信料、そしてスマホ代。
割とこういうものに無頓着ではないでしょうか。

スマホの料金も仮に月1万円として、手取り18万円の人の1万円と
手取り50万円の人の1万円では重さが違います。

月々2000円なら私だって今すぐスマホにします。

スマホは確かに便利なものでしょうけれど、若く年収の低い方には
特に今一度スマホが本当に自分に必要かどうかを見極めて人生設計を
して頂きたいと切に思うのです。

これから若者のみなさんにますます厳しい社会になっていくように
感じています。

格安SIM等で料金を下げる行為も自ら積極的に動かないと
達成できません。大手キャリアのいいなりでいると、そのビジネスモデルに
搾取されてしまいます。

ソフトバンクがガラケーの乗り換えが実質無をやっている!

え?じゃあ電池パックなんて注文しないで無料でもらっとけばよかったのか?
いや、他社からの乗り換えのみなのか?

電池パックを買ってしまったのでしょうがないです。

ソフトバンクへガラケー乗り換えするかたへ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ランディーのプロフィール

profいやね!
アラウンドフォーティーな自由人。 バツイチ子無し独身、一人暮らし。 子供は好きだがこれから育てようとは 思わない。よって再婚はない。 残りの人生をダンディーに楽しむのみ! 趣味はテニス、ピアノ、エレキベース。 いずれもど下手なので愉しみがいがある。

ツイッター

ページ上部へ戻る